最近の東京チカラめしの焼き牛丼は本当に不味くなったのか?

東京チカラめし 焼き牛丼 国産米

ワタクシのイチオシ牛丼と言えば
もちろん東京チカラめしの焼き牛丼デスね!

100年後もぜひ残したい味の牛丼デス(笑)

がしかし、
その焼き牛丼が最近不味くなったとの評判が
ネット上でちらほら散見されるようになりまして
これは聞き捨てならぬ!ということで
早速検証してみることに相成りました。

東京チカラめし 焼き牛丼

で、早速検証結果デス!

実は最近、焼き牛丼に使われているご飯が
不味かった輸入米からそこそこ美味しい国産米に
替わるという劇的な食材変化があったのデスね。
※280円から330円に値上げされたのはその為

じゃあ、逆に美味しくなったはずじゃない!
と、普通思われるかもしれませんが、
そうはいかないところが味覚の難しいところ。

実は、もともと不味いご飯の上に
タレ付き牛肉が乗っていたので
実力以上にお肉が美味しく感じられていたのデス。

ところが、ご飯もそこそこに美味しくなると
逆にタレ付き牛肉の美味しさが際立たなくなり、
肉やタレ自体に変化がないにも関わらず
なんとなく味が落ちたように
感じられてしまったわけなのですね。

ま、そんなわけで、
昔の不味いご飯が懐かしい今日この頃デス(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です