東京モーターショー2013 第2弾 三菱自動車のConcept ARは可愛くダンシング♪

東京モーターショー2013第2弾レポートです。

大人気だったスズキブースに続きましては
2011年次ちょっぴりも紹介しなかった三菱自動車。

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (6)

出展テーマは・・・


「すべては、たのもしい走りのために。@earth TECHNOLOGY」

最後の部分が?????ですが、
前回あまりに地味なブースだった反省からか
今回は生まれ変わったように気合が入ってましたね。

過去最高の出来だった2011年度のホンダブースの
プレゼンテーションの演出には到底敵わないものの
今回の中では最も印象に残る演出ではなかったかと。

で、今日レポートする第2弾では
今回初お目見えとなる3台のコンセプトカーのうちの1台
Concept ARのプレゼンテーションをご紹介します。

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (5)

MITSUBISHI Concept AR

ダウンサイジングコンセプトを取り入れた
1.1リットル直噴ターボチャージドMIVECエンジンに
軽量なマイルドハイブリッドシステムを搭載し、
SUVの機動性とMPVの居住性を融合させた
次世代コンパクトMPV(Multi Purpose Vehicle)だとか。

暗号みたいな紹介文ですね(滝汗)

ま、そんなことは置いといて・・・

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (4)

とにかくダンシングな車ってことなんです!

ところで、この女子は高島彩似でした。

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (1)

もうみんなご機嫌!

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (2)

因みにダウンサイジングなだけあって
コンパニオン美女たちもとってもコンパクト。

みんなで可愛くダンシングです。

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR

スマホを取り出して何出来るんでしたっけ?汗

あぁ、見てなかったあ(苦笑)

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (7)

歌姫な女子ももちろんコンパクト。

三菱自動車 MITSUBISHI Concept AR (3)

とにかくキラキラな三菱Concept ARの演出でした。

あと三菱に関しては他の2台のプレゼンテーションも
後日追加レポートさせて頂きますのでお楽しみに。

とにかく東京モーターショーに行く機会があれば
ぜひとも三菱のプレゼンテーションはご覧下さいませ。

さて、因みに今回撮影に使っているのは
[一眼レフカメラ]PENTAX k-x+[レンズ]FA50mmF1.4

2011年時に使用した通常レンズと望遠レンズの
キットレンズとは趣の違う単焦点レンズ使用なので、
被写体との距離を合わせられないデメリットはありますが、
今回は概ね綺麗に撮影できたのではないかと。

思い切ってキャノン機に買い替える選択肢もありますが、
光の取り込み方などもっと勉強するほうが先ですね。

とことんペンタックスを使いこなそうと思います。

東京モーターショー2013 第1弾 最初にご紹介するのはSUZUKIブースから。
東京モーターショー2013 第2弾 三菱自動車のConcept ARは可愛くダンシング♪
東京モーターショー2013 第3弾 三菱で見つけた壇蜜似のコンパニオン。
東京モーターショー2013 第4弾 最強の呼び声高しBMWのコンパニオン軍団。
東京モーターショー2013 第5弾 着せ替え出来る車?ダイハツKOPEN。
東京モーターショー2013 第6弾 車だけじゃ飽きるのでちょっと休憩。
東京モーターショー2013 第7弾 洋風コンパニオン vs 和風コンパニオン対決。
東京モーターショー2013 第8弾 世界一の中小企業スズキブース第2陣。
東京モーターショー2013 第9弾 あのインフィニティ・エマージは何処に?
東京モーターショー2013 第10弾 締めは世界のトヨタで決まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.