お洒落けがれなく道けわし。

10年憧れ続けて・・・


昨年やっとこさ
手に入れたにも拘わらず
腹を引っ込めてからでないと
恥ずかしくて着用ができない
Theoryの定番Tシャツ。

今年こそは!と
意気込んではいるものの
未だ油断するとお腹ぽっこり。

お洒落けがれなく道けわし(涙)

theory (セオリー) 公式通販サイト

 

□□□ 東雲乃本 □□□□□□□□□□

★★★☆☆
人間臨終図巻(中巻)
著者:山田風太郎

15~55歳の上巻に続いて
56歳~72歳で臨終を迎えた
著名人を紹介した中巻を読了。

特に気になった人物はこの3人。

黒田如水(官兵衛)

58歳で亡くなった黒田如水は
臨終を迎える少し前、家来相手に
少しでも気に食わないことがあると
罵倒して一同を悩ませたという。

それを見兼ねた子の黒田長政が
父・如水に注意しようとすると

「長政、耳を寄せよ」と言い

「心配すな、このまま俺が死ねば
家来どもは俺を懐かしがり
お前に心服せぬ。

俺が死んで
ほっとするようになることが
お前のためになるのだ。

これはそのための狂言だ。」

と、言ったとか、言わなかったとか。

黒田如水、恐るべし策士。

安藤広重(歌川広重)

「東海道五十三次」をはじめ
ゴッホやモネにも影響を与えた
天才浮世絵師・安藤広重は
61歳のときにコレラで
亡くなったとされていますが
その安藤広重でさえ臨終の際
家族に遺産を残してやることが
できなかったそうデス。

あくまで著名になったのは
死後になってからという(涙)

◆ 二宮尊徳(69歳没)

69歳での潔い遺言に感服。

「葬るに分を越ゆるなかれ
墓や碑を立てるなかれ
ただ土を盛り、その脇に
松か杉一本を植えれば足る。」

沢庵和尚も同様の遺言だったそうな。