泣ける100年後も残したい名作映画『いま、会いにゆきます』

『いま、会いにゆきます』

何度見ても感動作品デス。


100年後の人にも泣きながら観て欲しいなあ!
と、ワタクシが勝手に思う泣ける名作映画ベスト5、
ゴースト』に続いての作品は冒頭のソレ!

知る人ぞ知る市川拓司原作の名作でございますね。

ワタクシは六本木ヒルズで本作を観賞したんですが、
あの名作タイタニックよりも号泣客が多かったお陰で
臆することなく号泣いや嗚咽出来た作品でありました^^
ま、とにかく劇場内は涙、涙の嵐だったわけでございます。

で、簡単なストーリーですが・・・

若くして病気で亡くなった妻・澪(竹内結子)が残した言葉。
『1年後の雨の季節に戻ってきます・・・』

その言葉が気にかかる夫・巧(中村獅童)と
その言葉を決して疑わない6歳の息子・佑司(武井証)は
在りし日の澪の想いを胸に雨の季節が来るのを待っていた。

そして、迎えた6月、いよいよ梅雨入りが宣言されると
死んだはずの澪が言葉通りに二人の前に現れるのです。
しかし、澪の記憶は定かではなく・・・

ま、あらすじはこんなところで止めといて(笑)
かなり掟破りですが、本作を最大限に号泣する為に
まずは原作をお読みになることをお薦め致します^^

ワタクシのリサーチによりますと原作⇒映画がMAX涙です!
バスタオル3枚級に泣けること保証しますから!

今頃になってTVドラマ版を観なかったことに後悔^^;

あぁ、やっぱいい作品だわー!