わずか2ヶ月でSPEEDOのスイムパンツがお釈迦(涙)最強のスイムウェア探しは今も続いてます。

スピード スイムパンツ SPEEDO SWIM PANTS

もうトホホとしか言いようがありません(涙)

先々月から使用始めたばかりの
SPEEDOのスイムウェアなんですが、

スピード スイムパンツ SPEEDO SWIM PANTS2

わずか2ヶ月でお釈迦(号泣)

どうやら国際水泳連盟 ( FINA ) 公認水着なので
相当薄くやわに作られていたみたいです。

ご覧の通り生地が至る所から剥げてきました。

で、これ以上の着用は困難ということで、
気を取り直して探し出したのがコチラ。

アリーナ スイムパンツ arina swim pants (4)

北島康介選手プロデュースの新コレクションから

アリーナ 男性用トレーニング水着
【タフスーツ】ローライズボックス
2013年秋冬モデル KKAR-02
Mサイズ 5,145円⇒4,410円(税抜)

今回からハーフスパッツは卒業しまして
ローライズのボックスタイプをチョイス。

だって早い人は皆ボックスなんだもん(笑)

アリーナ スイムパンツ arina swim pants (5)

相当なローライズなので無駄毛処理は必須ですが、
北島康介選手プロデュース だけあって
穿いてみるとめっちゃスイマーに見えます(笑)

こんなふうに。

【KKAR-02】ARENA(アリーナ) メンズ競泳練習水着 タフスーツ タフストライプシルミー エルタフ 北島康介選手プロデュース   kitajima-swimsuit

どうでしょ?

これで少しは早く泳げるようになるかな?
ま、相変わらず見た目重視デス(苦笑)

表地は過去最高の肉厚っぷりでして、
しかもポリウレタンが含まれていない
ポリエステル100%の素材使用なので
ちょっと硬めではありますが、
相当長持ちしそうな予感デス。

もちろん100年は無理にしても
せめて5年くらい穿ける
最強のスイムパンツを目指したいところです。

今後の耐久性レポートにもご期待ください。

あとご注意頂きたいのが今回ご紹介したのは
KKAR-02というモデルなんですが、
他にもKKAR-01というモデルが存在します。

このKKAR-01はKKAR-02と比べると
かなりブーメランなスタイルなので
選ばれるときはくれぐれもご注意下さいね。

ミズノ スイムパンツ mizuno swim pants

因みに9月末まで穿いていたMIZUNO (ミズノ)
2011年モデル の2代目ハーフスパッツ
ジャグジーにも入ってませんし、
脱水機にも掛けたことがないので、
未だどこも痛んではいないのですが、

少々ジャージ生地部分が緩んできまして
水が重く感じるようになりましたので、
再びお尻が大きくなるまでお休みです。

さて、ついにで過去に穿いていた
懐かしのスイムウェアもご紹介します。

アリーナ スイムパンツ arina swim pants (1)

これはどちらも20年くらい前に穿いていた
arenaのブーメラン型スイムパンツです。

確か代々木にある東京体育館の屋内50mプールで
小学生スイマーたちに追いかけられながら
泳いでいた時に使用していたものかと。

どちらも着用に問題はありませんが、
さすがにこなんなブーメラン型の水着は
マッチョな人しか穿けないですね。

よくこんなのを昔は穿いていたものです。

若さって怖いな。。。

D&G  スイムパンツ SWIM PANTS

そして、再びスイムを始めた2011年8月に
ドルガバの直営ネットショップで購入した
D&Gのスイムパンツです。

このスイムウェアは1ヶ月ほどの着用で
生地がのびのびになってしまいお釈迦デス。

やっぱり餅は餅屋で買うに限りますね。

ま、そんなわけで、スイムウェアに関しては
過去相当ババを掴んでることが明白なわけでして、
今後は慎重に慎重を重ねて
最強のスイムウェア選びに邁進したいと思います。

以上、今後の動向にもどうぞご注目下さい(^o^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.