激安赤ワインを劇的に美味しく飲む方法。

RIEDEL / リーデル
ヴィノム・エクストリーム ピノ・ノワール 770ml

ワインはグラスで決まります。

激安の赤ワインだから
小さな安いワイングラスで飲む、
というのは完全に間違い。

激安の赤ワインこそ
大きなグラスで飲むが正解デス。


かれこれ17年前、
ワインのネットショップで
1年間マーケティングの仕事を
手伝っていたことがありまして、
毎日3本のワインを試飲してました。

で、その時の経験を踏まえ、
どうしたら格安の赤ワインを
グランヴァン級のワインのように
美味しく飲めるか、
その方法をほぼ素人のくせに
生意気にも伝授したいと思います。

なお、秘伝故に他言は無用デス(笑)

まず理想の温度ですが、
赤ワインの場合、
一般的に15~18℃と言われてます。

がしかし、格安の赤ワインに
わざわざワインクーラーは勿体ない。

また、格安ワインの場合、
あまり温度が高すぎると、
雑味を相当に感じますので、
普通に冷蔵庫で5℃前後に冷やし、
飲む前にボトルを外に出して
12℃前後にして飲むのが吉デス。

素人のくせに割と細かい(笑)

まあ、ちょっと常温で放置して
グラスでぐりぐり廻してたら
勝手に12℃くらいまで上がります。

そして、ワインを美味しく飲む為に
一番肝になるのがワイングラス。

これホント重要デス。

赤ワインは
グラスの種類で味が決まる、
と言っても過言ではありません。

で、個人的に最もワインを
美味しく飲めると感じてるのが
コチラのワイングラスです。

RIEDEL / リーデル
ヴィノム・エクストリーム ピノ・ノワール 770ml

RIEDEL / リーデル
ヴィノム・エクストリーム ピノ・ノワール 770ml
モデルNo.:4444/7
2個セット
価格:7,098円(送料・税込)

正直かなりデカいグラスです。

その為、デキャンタージュの
必要もまったくありません。

また、ワインを注ぐ量は
膨らんでる胴の下辺りまで。
入れ過ぎは禁物デス。

RIEDEL / リーデル
ヴィノム・エクストリーム ピノ・ノワール 770ml

お値段もめっちゃ高いですし、
ピノ・ノワール種専用ですが、
ミディアムボディ以上なら
ブルゴーニュ、ボルドー関係なく、
大抵の格安レベルの赤ワインが
魔法のように美味しくなります。

否、個人的にはなってます(笑)

理由はグラスの胴幅が広いので、
グラスの中に赤ワインの香りが
思いっきり広がるんですね。

しかも、グラスの口先部分が
キュッと絞られてるので、
グラスの中に香りが立ちこめ、
香りを外に逃がさない。

それ故に小さなワイングラスでは
絶対感じられないような
赤ワイン独特の香りを嗅ぎながら
飲めるってわけなんデスね。

RIEDEL / リーデル
ヴィノム・エクストリーム ピノ・ノワール 770ml

でも、高価なワイングラスだし、
そう簡単にボクのいうことを信じて
チャレンジするわけにもいきません。

そこで、画像の真ん中の
イオンのトップバリュブランドの
ブルゴーニュ用のワイングラスで
試してみるのは如何でしょ?

2個セットで1,480円(税抜)デス。

多少口先は広いですが、
これでもグラスに香りが充満し、
美味しく感じられるはずデス。

騙されたと思ってぜひお試しを。

なお、ライトボディの赤ワインや
白ワインに関しては香りが立たず
ほとんどこの方法が通用しません。

ミディアムボディ以上の
赤の格安ワインでお試し下さい。

因みにボクが好んで飲んでる
格安の赤ワインがコチラの2種類。

どっちも540円と格安ですが、
格安赤ワインとは思えないほど、
十分に美味しく飲めています。

【左】デル・スール[2015]
ブドウ品種:カルメネール
味わい:中重口・中渋口
生産国:チリ
価格:540円 (税込)

【右】デル・スール[2015]
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
味わい: 重口・中渋口
生産国:チリ
価格:540円 (税込)

大きなグラスを使って
ワインを飲むようになったお陰で
大好きなサイゼリヤ
赤ワインが飲めなくなりました。

その理由はもちろんグラスが
ちっちゃいからに他なりません。