ARMANIの歴史

ARMANI(アルマーニ)

創業者:ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani、1934年 – )
創業年:1975年
創業地:イタリア ミラノ
H   P  :
アルマーニ・プリベ(ARMANI PRIVE) オートク・チュール
http://www.armani-ristorante.jp/
ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI) ファーストライン
http://www.giorgioarmani.com/
エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI) セカンドライン
http://www.emporioarmani.com/
アルマーニ・エクスチェンジ(ARMANI EXCHANGE)
http://www.armaniexchange.com/
アルマーニ・ジーンズ(ARMANI JEANS)
http://www.armanijeans.com/
アルマーニ・プリヴェ(ARMANI PRIVE)
http://www.armani-ristorante.jp/
アルマーニの歴史
ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)は1934年イタリアのピアチェンツァに生まれる。ミラノ大学医学部に入学しものの兵役に入った後は医学の道に戻らず大学を2年で中退する。1957年にミラノの百貨店「ラ・リナシャンテ」にウィンドウドレッサー・バイヤーとして入社。その後、紳士服のバイヤーも担当。紳士服を手がけたことがファッション界に入るきっかけになり、1964年までの約7年間「ラ・リナシャンテ」でバイヤー業務を務める。

1965年消費者の求めるデザイン・素材に詳しく、また生産工程流通に詳しく豊富な知識のあったアルマーニは、ヒルトンに出店していたニノ・セルッティの紳士服専門店「ヒットマン」でアシスタントデザイナーとして雇われ、ニノ・セルッティからデザインを学んだ。さらに、ウンガロとゼニアでの仕事を経て、1968年に建築家セルジオ・ガレオッティと知り合い、独立を強く勧められる。そして、アルマーニは2年後の1970年にフリーランスのデザイナーとして独立する。その際に紳士服デザイナーとして数社の仕事をこなす。

そしていよいよ、1975年41歳の時にセルジオ・ガレオッティとの共同出資でプレタ・ポルテの自店「アルマーニ」(GIORGIO ARMANI S.p.A.)社を設立。資本金は1万ドルといわれている。この自店以降、紳士服だけでなくレディースのデザインも手がけるようになり、紳士服の機能性を応用し、女性らしい雰囲気、贅沢な素材と美しいシルエットに着心地の良さを追求し、絶妙なカッティング技術で一躍スターダムにのし上がる。すでにキャリアウーマン時代を迎えようとしていたアメリカのバイヤー、ファッション誌の注目を集めた。1979年、エレウノのデザイナーに就任。

1981年、セカンドライン「エンポリオ・アルマーニ」(若手向けのラインでファーストラインよりは低いコストの製品を使用するため低価格)を発表。同年、「アルマーニ・ジーンズ(デザイン担当は主に姪のシルヴァーナとロベルタ)」も発表。

1982年、デザイナーとしてはクリスチャン・ディオール以来、「タイム」誌の表紙をジョルジオ・アルマーニが飾り、世界的なブランドとして揺ぎ無い地位を確立する。この頃に「モード界の帝王」やジャンニ・ヴェルサーチやジャンフランコ・フェレとともに「ミラノの3G」と呼ばれるようになる。1982年に女性用の香水、1984年には男性用の香水を発表。1985年にセルジオ・ガレオッティが白血病で他界してからしばらくの間停滞したが、1986年にノットゥルノ電話(イタルテル社製)を発表。その後、1987年には「ジョルジオ・アルマーニ・オッキアリ」(メガネ)と「ジョルジオ・アルマーニ・カルツェ」(靴下)を発表し、順調に事業を拡大していく。

1980年代後半にソフトスーツを考案し大ブームを起こし、紳士服のパターンを活かしたレディース服でいわゆる「キャリアウーマン」をリードする。1995年にはスキーウェアとゴルフウェアを発表し、ライセンス物も拡大していく。1990年代以降の「アルマーニ」ブランドの拡大は「アルマーニ・ケース」と呼ばれる家具やホーム製品など、もっぱら衣料以外の部門が中心となっている。

アルマーニは「ジャケットの帝王」等と呼ばれて、モード界の最先端に位置。完璧主義者として有名で、「マエストロ・ディ・マエストロ」(巨匠中の巨匠)と呼ばれ、独自の荘厳なスタンスを展開する。映画衣装も多数手がけ、数々の映画に衣装提供し、アカデミー賞ではジュリアロバーツ、ミラ・ソルヴィーノ、リチャード・ギア等、多くの俳優がアルマーニの服を着る。ブランドとのコラボレーションでは、アレグリなどと過去にコラボレーションを展開したことがある。

2005S/Sシーズンより「ARMANI PRIVE (アルマーニ・プリベ)」ラインでパリ オートクチュール・コレクションに参加。2009年にソフトバンクがアルマーニがデザインした携帯「830SC EMPORIO ARMANIモデル」を発売。東京の夜景をイメージしたデザインで話題となった。

アルマーニのデザインは、1970年代半ば以降に人気が出たエグゼクティブな男女向けのスーツが代表的である。男性服出身デザイナーだけに、仕事着が本領なのであり、「ファッションはその時代のライフスタイルに合ったもの。女性が男性のように働く時代には、オフィスで心地よく着ることができる服が基本。デザイナーの自己満足でしかない奇をてらった服はナンセンス。」というように機能性重視のデザインを生み出すことをポリシーとしている。

日本でブランド志向の高まった1980年代に、アルマーニ現象として登場したことは記憶に新しく、また、セカンドラインにも定評があり、1980年代後半には「エンポリオ・アルマーニ」のヒットには「アル中」という用語が造られたほどである。