Beginで見つけたJMウエストンの25年物ローファー。

Begin march 3月号 25年物JMウエストン

靴は育てるアートです。

さて、昨日Begin2014年3月号を
恒例チェックしておりましたら、
冒頭画像の美しくエイジングされた
JMウエストンのローファーを発見!

ナウのれん等で人気のコラムニスト
いであつしさんが所有する
おフランスが誇る高級靴ブランド
JMウエストンの定番180なんですが

新品をも凌駕するこの気品ある姿で
なんと驚いたことに
25年物 なんだとか。

その昔、新宿伊勢丹で開催された
世界の傑作モノ博 2011」で
展示されていた20年物オールデンを
見た時と同じ衝撃を受けた次第デス。

やっぱり靴って育てるアートだわ。

J.M. Weston 180 (1)

で、その記事を読み進めたところ
何やら聞き捨てならない事実発覚。

世界最高峰とも呼ばれるフランスの
2大名門タンナー(皮革製造業者)の
ひとつであるデュプイ社(Du Puy)を
JMウエストンブランドを傘下に置く
EPIグループが最近買収したんだとか。

何しろこの仏デュプイ社は
最近こそいろんなブランドに
レザーを卸すようになったものの
元々あのエルメスとJMウエストンの
2社だけにしかレザーを
卸さなかたことで有名だったはず。

そう言えば昨年の2013年1月、
1984年にデュプイ社から独立して
創業したある意味ライバルとなる
2大名門タンナーのもうひとつ
アノネイ社をエルメスが
救済的に傘下に収めるという
ニュースがありましたので、

今度はJMウエストンがデュプイ社を
救済したのかもしれませんね。

J.M. Weston 180 (2)

ま、詳しくは分かりませんが、
どちらにしてもJMウエストンは
皮の鞣しから靴の製造までこなす
垂直一貫生産型の極めて珍しい
高級革靴メーカーになったことは
紛れもない事実のようです。

PS.

2015.12.02

エルメスがフランスのなめし皮工場を買収

JMウエストン傘下だったはずの
仏の名門皮革工場デュプイ社が、
エルメス傘下に入ったとか。

もともとデュプイの大口取引先は
エルメスだったようなので、
妥当な流れってとこでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.