MOTOの短靴、いよいよ清水の舞台へ

今年1月にMOTOの靴をご紹介させて頂いた時、
こんなこと書いてたんですが・・・

東京・北青山にある直営店にて
すんごい素敵なコードバンのエイジングサンプルを
激写させてもらいに行ってきますのでお楽しみに♪

スイマセン!m(_ _)m
すっかりご無沙汰しておりました。
と、言うわけでやっと撮影してきたブツがこちらです。


MOTO Plane Toe Oxford Shoes/コードバン
税込価格:68,250円
製法:グッドイヤーウエルト製法
アッパー:新喜皮革製コードバン
ソール:牛革レザー

左が黒のコードバンで1年以上使用されたモノ
右が茶のコードバンでサイズ1(25.5~26cm相当)の新品

如何でしょうか?
ワタクシがこのMOTOをビジュアル的に気に入ったポイントは2つ。

ひとつはコードバンの手塗りの黒であること。
コードバン革の経年変化による艶加減の魅力は
今更説明する必要もありませんよね。
とにかく育てる系レザーの王様ですから
1足ぐらい持っておかないと話になりませんしね。

そして、主に春夏用としての使用を考えている為、
ギラギラ、真っ黒系のコードバンは避けたかったんです。
その点、新喜皮革製コードバンのマットな艶加減は申し分なく、
控えめで悪目立ちしなさそうなところが◎なんですね。

しかも手塗りの黒なので、レザー中心部まで黒の染料が
浸透されておらず、焦げ茶に近い他では見られないような
独特なマット感のある黒を楽しめるのも魅力的かと。

最悪もっと真っ黒なのがいいということになれば
追加で染めればいいわけですしね。

そして、もうひとつのお気に入りポイントは
爪先部分の微妙にずんぐり丸まった形状です。
しかもちょこんと上向きに反返ってるところが
とても今風でワタクシ的にはキモなんです。

この爪先部分の微妙な丸み加減を出せているのが
MOTO以外にはPADRONEくらいしかないんですが、
MOTOはグッドイヤーウエルト製法、PADRONEは
マッケイ製法ってことで、100年育てることを考慮すると
やはりグッドイヤーのMOTOに軍配かな?ってところです。
PADRONEもデザイン的には捨てがたいんですが。

但し、写真の通り、皺の入り方がイマイチ綺麗じゃないので、
予め自分でボールペンなどを使って人工的に
皺入れしたほうがよさそうですね。

さて、続きましては履き心地なんですが、
黒のサイズ1(25.5~26cm相当)の在庫が品切れの為、
写真の茶色のサイズ1で試着することになったんですが、
久しぶりのレザーソールにプチ感動♪

レザーソールってこんなに柔らかかったんですねー
ま、実際にはハーフラバーソールを追加で貼ると思うんで、
この履き心地は微妙に変化する可能性大ですが(汗)

なお、ワタクシ的には幅がちと狭めに感じがしたんですが、
履き込んでいくうちに丁度いい幅に広がるんだとか。

そんなわけで天にも昇る履き心地に押されて
いよいよ清水の舞台へ^^;

検討することたった3秒!(笑)
一日も早く育てたい!
つまり麻布テーラーのハンティングジャケットに続いて・・・
今年2度目の清水JUMP決定!です^^

黒のサイズ1の店着は今月末から来月初めだとか。
あーもう楽しみで仕方ありませんぞよ!

但し、再び長期断食の到来確定ですが orz

Leather &Silver MOTO Aoyama

〒107-0061 東京都港区北青山3-10-2
TEL/FAX 03-3407-5836
open 11:00 closed 20:00

ちと見つけずらい所にショップがありますが、
ぜび頑張って探してみてください^^