20世紀最強のハリウッドスターJames Deanを偲ぶ。

ジェームス・ディーン James_Dean

明日2/8は83回目の誕生日デス。

ジェームス・ディーン

本名:James Byron Dean
愛称:ジミー
出身:インディアナ州マリオン
生年月日:1931年2月8日
没年月日:1955年9月30日

生涯わずか3作品しか残さずに
この世を去ってしまった
不世出の映画スターであります。

ボクが生まれる10年前に
亡くなられており、
もちろんお会いしたことも
リアルタイムで出演作品を
観たこともありません。

がしかし、

ボクに物心がついた
死後十数年経った時代でさえも
燦然と輝いていたスターであり、
未だに彼を凌いだと思われる
映画スターは現れておりません。

ジョニーー・デップも
トム・クルーズでさえも
ジェームス・ディーンの
存在感の前では赤子同然
じゃないかと思う次第デス。

それではたった三作品ですが、
24歳の若さで亡くなる以前に
公開された彼の遺作を
簡単にご紹介させて頂きます。

ジェームス・ディーン  エデンの東 James_Dean_East of Eden

エデンの東
East of Eden(1955年)

ジェームス・ディーンは
「エデンの東」に出演する以前、
5つの作品に出演しているんですが、
どの作品もクレジットに名前すら
出ないほどのエキストラのような
端役しか演じていませんでした。

故に本作品がデビュー作であり、
いきなりの初主演作品であると
言っても過言ではございません。

そして、さらに驚いたことに
本作にてジェームス・ディーンは
アカデミー賞の最優秀主演男優賞に
ノミネートされているんです。

ジェームス・ディーンを語るには
本作を抜きに語れません。

「エデンの東」のストーリーは
コチラが参考になります。
但し、ネタバレありです。

ジェームス・ディーン 理由なき反抗 James_Dean_Rebel Without a Cause

理由なき反抗 (1955年)
Rebel Without a Cause

「理由なき反抗」という題名と
ジェームス・ディーンが着用する
赤色のスウィングトップと
LEE 101のブルージーンズが
強烈な印象を残す青春映画デス。

現代の映画スターが演じる
憂いや切なさのある表情は
すべてジェームス・ディーンが
原点になっていることを
納得させてくれる作品かと。

「理由なき反抗」のストーリーは
コチラが参考になります。
但し、ネタバレありです。
ジェームス・ディーン ジャイアンツ james dean - giant

ジャイアンツ
Giant (1956年)

「ジャイアンツ 」のストーリーは
コチラが参考になります。
但し、ネタバレありです。

第29回アカデミー監督賞を
ジョージ・スティーヴンス監督が
獲得した作品であるんですが、
彼の死後、アカデミー助演男優賞に
ノミネートされた作品でもあります。

本作品の主役は
ビック役のロック・ハドソンと
レズリー役のエリザベス・テイラー。

ジェームス・ディーンは
その主役ロック・ハドソンの敵役
ジェット・リンクを演じるんですが、

主役のロック・ハドソンのお株を
奪う演技を披露したことで、
アカデミー助演男優賞に
ノミネートされるわけなんです。

しかしながら、、、

本作品の撮影終了1週間後に
ジェームズ・ディーンは
サリナスで行われるレースに
向かうために愛車である
ポルシェ・550/1500RSで
カリフォルニア州の州道を走行中、

横からはみ出してきた車と衝突し、
複雑骨折、内臓損傷など
ほぼ即死の状態で
帰らぬ人となったそうです。

そして、次回作に予定されていた
『傷だらけの栄光』の主役は
ポール・ニューマンが
代役を演じることになりました。

ジェームス・ディーン James_Dean3

たらればではありますが、
ブルース・リー同様に
もし彼らが生き続けていれば
一体どれほどの映画作品が
製作され続けていたかと思うと
ホント残念無念でなりません。

 

赤城圭一郎

因みにボクの親父世代にも
和製ジェームス・ディーンと呼ばれ
石原裕次郎を凌ぐとも言われた
赤木圭一郎なる日活映画スターが
存在していたんですが、

彼もまた映画『激流に生きる男』
撮影中の日活撮影所内で休憩時間に
営業マンが売り込みで持ってきた
外国製ゴーカートを運転中、
ブレーキとアクセルを踏み違え、
(外国製故に反対に付いていた)
60km/h以上のスピードで
大道具倉庫の鉄扉に激突し、
わずか21歳の若さで
帰らぬ人となりました。

美人薄命という言葉がありますが、
イケメンもまた同様に
薄命ってことなんでしょうか。

合掌

 

「ジェームス・ディーンのように」
との歌詞がある甲斐バンドの名曲
「HERO」で今日はお別れです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.