グルカサンダル履いてるかい?

42ND ロイヤル ハイランド グルカサンダル

見栄えは文句ナッシング。


ニードルスのサンダルじゃ
街履きにはちと厳しい。
かと言ってレザーシューズや
スニーカーだとちと暑い。

ってことで、
人生初のグルカサンダルです。

2カ月以上かけて
様々な角度から検討した結果
このグルカサンダルを選択。

42ND ロイヤル ハイランド グルカサンダル

42ND ROYAL HIGHLAND Navy Collection
42ND ロイヤル ハイランド ネイビー コレクション
モデル番号:CH7911ST
色:ネイビー
サイズ:7.5(25.5-26cm)
製法:グッドイヤーウェルテッド製法
生産国:中国
価格:29000円(税抜・送料込)

選択のポイントは3つ

1.グッドイヤーウェルテッド製法
2.ライニング(裏革)付き
3.クロコ型押し

42ND ロイヤル ハイランド グルカサンダル

42ND ロイヤル ハイランドは
知らなかったブランドだけど
ヤフオクなどで出回っている
別モデルの中古品を見る限り
また店頭チェックを重ねる限り
耐久性は悪くないとの判断デス。

他のブランドの中古品も
相当チェックを入れましたが
ジャコメッティーや
クロケット&ジョーンズ
クラスじゃないとちと心配。

さらにセメントやマッケイが
グルカの製法として主流の中
グッドイヤー製法は珍しく
気軽にソール交換できるのは
100年に向けて安心デス(笑)

42ND ロイヤル ハイランド グルカサンダル

ご覧のソールは
レザーのように見えますが
実はレザー風プリントがされた
ラバーソールなんデス。

購入後ハーフラバーを
貼ろうと意気込んでましたが
余計なお世話でした(汗)

42ND ロイヤル ハイランド グルカサンダル

何故にクロコの型押しなのか?

もちろん本クロコを買う
金銭的余裕がないというのも
理由のひとつなんですが

本クロコのレザーを
シューズ用にする際には
履き心地が硬くならないよう
革を相当薄く裂くんだそう。

その為、クロコの節の部分が
長年の着用の圧力によって
割れてくる可能性が非常に高く
100年には適さないとの指摘を
経験豊富な靴修理職人さんから
受けていたからデス。

だからと言って
牛革のクロコの型押しが
100年に耐えられるかは
神のみぞ知るですが(滝汗)

ただ、そんな事情もあって
ちょっとクロコの型押しに
挑戦してみたかったんですね。

そして、グルカというと
最も危険なのがこの甲の部分。

圧力が掛かって、切れ目の
裂ける可能性が非常に高い。

仮に裂けたとしても
履けないわけじゃないけど
やっぱり気になるところ。

用心深く見守っていく所存デス。

最後に・・・・・

只今、部屋の中で試着して
靴擦れがどの部分にできるか
チェックを入れているところ。

履き心地は
まだまだ硬いですが
予想外に快適に履けてます。
もちろん清涼感感じるし。

調子が良ければ来夏にでも
色チいくかもしれません。

なお、ジャコメッティー
グルカに似てない?なんて噂は
軽くスルーでお願いします(汗)

 

 

 

 

□□□ 東雲乃囁 □□□□□□□□□□

今年4月に紹介した
究極のコードバンサンダル
どうなったのか?なんですが

あれからボクの趣向が
ドレス寄りに変化しまして
今回のグルカサンダル購入と
相成った次第デス(汗)

毎度言質に責任感不在で恐縮デス。