HERMES MOVIE “Hearts & Crafts”

銀座のメゾンエルメス10階にあるル・ステュディオで公開中の
映画作品「ハート&クラフト」をやっとこさ観てきてました!


10階のル・ステュディオは初めての訪問だったんですが
こじんまりとしててなかなかヨカでしたよ^^
可動式の椅子だったので46分間耐えれるかな?と心配でしたが
意外にも余裕で大丈夫、さすがエルメス抜かりなしです^^

さて、本編では馬具、鞄、スカーフ、クリスタル、ジュエリーなどの
エルメスブランドの生産に関わる職人さん達ニ十数人が登場し、
それぞれのモノ作りへの情熱や誇り、楽しさを「これぞ天職!」と
言わんばかりの勢いで熱く語ってくれています。

あ~彼らは純粋に心底モノ作りが好きな人たちの集まりなんだなあ、
その精神をエルメスは創業時からずっと守り続けてるんだなあ、と、
エルメスというブランドが職人さんたちを主人公にして成立している
稀なブランドであることを痛感させられます^^

皆さんが最も興味のあるバーキンやケリーなどの高級バッグを作る
職人さん達も多数登場し、もちろん制作風景もふんだんにありますよ^^

意外にも彼らは異業種から転職して鞄職人になったという方が多く、
中には59歳の女性新人訓練生がいたり、たった1週間の訓練で
ベテラン並みのテクニックを発揮する訓練生がいたりと
いったいどんな採用方法してんだろ?と不思議になるほどで
想像以上に個性的な職人さんたちの集まりなんですよね。

因みにエルメスのバッグは一人の職人さんが一つのバッグを
最初から最後まで責任を持って作るセル方式が取られていて、
月の生産数は一人に付き約15個だそうです。意外に多い?
そして、完成したバッグにはその職人自身の刻印が必ず入るんです。
その為、万が一お客さんのバッグに修理が必要になった場合は
いったんフランス本国に商品が返され、その刻印をもとに
そのバッグを作った職人本人が修理を請け負うんですね。

また、職人さんが違えば同じバーキンでもほんの少しどころか
相当違った仕上がりになるし、もちろんすべてが手作業なので、
同じ職人さんが作ったとしても、まったく同じモノは
二度と作れないそうです。
もちろん素人目にはわからないでしょうけど・・・

他に気になった点としては・・・
スカーフのカレのプリント生地を生産する場面があったんですが、
なんとプリント生地は自社工場で作ってるんですね^^
確かに自社工場じゃないとコピーされまくる可能性大ですもんね。

なお、エルメスはフランス本国で上場してる超一流企業でもあり、
その時価総額は日本円でなんと2兆5千億円もあるんです!
天下の三菱商事や三井物産よりも時価総額が大きいんですね^^;
ユニクロと比べるとエルメスのほうが1兆円も大きいんです!

因みにルイ・ヴィトンやセリーヌ、フェンディなどを擁する
LVMHの時価総額は5兆8千億円で、三菱UFJ銀行やキャノン、
NTT、ホンダよりもでかいんです^^;

恐るべしフランスのブランドビジネスです^^

http://www.youtube.com/watch?v=671GSOePC4o

 

こちらはハート&クラフトのダイジェスト編ムービーです。
雰囲気だけでもぜひ味わってみて下さい^^

こちらがル・ステュディオの室内