CHANELの歴史

CHANEL(シャネル)

創業者:Coco Chanel ココ・シャネル(1883年8月19日 – 1971年1月10日)
本名はGabrielle Bonheur Chanel:ガブリエル・ボヌール・シャネル
創業年:1909年
創業地:フランス パリ マルゼルブ大通り160番地
H   P  :  http://www.chanel.com/

■ココ・シャネルとシャネルの歴史

1883年ココ・シャネルはフランス南西部オーベルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれる。12歳の誕生日を迎える前に母親が他界、父に捨てられ、孤児院や修道院で育つ。田舎町ムーランでお針子として孤児院を出た後、当時つきあいの有った将校たちに連れられ、赴いたカフェで、芸能界への熱意に目覚める。

「ココ」は愛称で、情熱を実行すべく、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌っていた「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」と、「Qui qu’a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのはだれ)」という歌の題名にちなんでつけられたもの。

その後芸能界への道はあきらめ、1909年シャネルが交際していた将校エチエンヌ・バルサンに伴われてパリ郊外へ移住し、友人達との社交場となっていたバルサンの牧場で過ごしていたが、暇を持て余して作った帽子のデザインが仲間内で評判となり、バルサンの援助によりパリのマルゼルブ大通り160番地で帽子のアトリエを開業する。これがシャネル起業の始まりとされている。
1910年にパリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という名で帽子専門店を開店。このときバルサンと別れ、同じ輪の中にいた一生涯愛す人物となるイギリス人青年実業家アーサー・カペルと交際をはじめる。カンボン通りの店の開店資金はカペルの援助によるものである。

1913年リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。さらに1915年ビアリッツにオートクチュールを扱う「メゾン・ド・クチュール」を開店し、1916年コレクションを発表し、オートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。その際、シンプルで着心地のいいジャージー素材を取り入れた開放的なドレスが話題となり、コレクションで大成功を収める。1918年に第一次世界大戦が終戦すると、政略結婚で離れていたカペルがココの元へ戻ろうとする。しかし、1919年結婚の夢が叶う前にアーサー・カペルは事故死してしまう。生涯最も愛した男性であるアーサー・カペルを亡くしたココはそれ故に生涯独身を通すことになる。

1921年シャネル本店をカンボン通り31番地に拡張移転すると、5月5日に調香師エルネスト・ボーによって生み出されたシャネル初の香水「No.5」を発売する。その後も喪服でしか使われてなかった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として発表したり、ツイード素材のスーツ(後のシャネルスーツになる原型)を発表するなど大きな話題となり、ココの革新的なファッションがパリジェンヌたちに浸透していく。1934年イギリスのウェストミンスター公爵からプレゼントされた多くの宝石類から着想を得た模造宝石を使ったジュエリーも発表したことによりアクセサリー部門のファクトリーを開設。翌年服地専門のファクトリーも開設する。また米国のアパレル会社とパターン契約を結ぶなど事業を拡大し、1939年には当時4000人を抱える大企業にまで成長する。

しかし、1939年第二次世界大戦の勃発した頃、コレクション前の苛烈な労働条件に労働者側がストライキを敢行すると、ココはあっさり香水とアクセサリーの店舗を残しただけで全てのビジネスを閉鎖、ココ自身もいったん引退することになる。さらに1944年ココがナチス・ドイツによるフランス占領中を通じドイツ軍将校と愛人関係にあった為、連合国軍によるフランス解放とともにスイスへ逃亡せざるえなくなり、約15年もの長きに渡ってファッション業界から姿を消すことになる。

1954年スイスでの亡命生活を終えパリに戻り、ヴァンドーム広場を望むホテル・リッツに住まいを構えると、ようやく閉鎖していたカンボン通りの本店の営業を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させ、再びファッション業界の表舞台に立つ。1955年シャネルスーツ(ブレードの縁取りがある、ウールのスーツ)を発表。ウーマンリブによって女性の社会進出がめざましかったアメリカでシャネルは熱狂的に受け入れられ、「過去50年間でもっとも大きな影響力を与えたファッションデザイナー」としてモード・オスカー賞を受賞するとともにココ・シャネルは全盛期を迎えることになる。

1971年に住居としていたパリのホテル・リッツにて、コレクションの準備中に87歳で亡くなる。亡骸は第二次世界大戦中のドイツへの協力及びフランスへの裏切り行為によって高級墓地への埋葬を拒否されたこともあり、第二次世界大戦後に亡命生活を送っていたスイス・ローザンヌの墓地「ボア・デュ・ヴォー」(セクション9・No.130)に埋葬される。
ココ・シャネルの死後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。

■日本での主な店舗展開
1994年 – シャネルブティック本店(銀座並木通り)を開店。
1996年 – 開店当時日本最大店舗として大阪・心斎橋店を開店。
2001年 – 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。
2004年 – 銀座3丁目に銀座シャネルビル・旗艦店を開店。

■マトラッセとは?
マトラッセとは上の写真のバッグのようにダイヤ形の格子状に縫われたキルティング模様の生地のことをフランス語でマトラッセと言います。
マトラッセのステッチはデザイン的な意味合いと型崩れを防ぎ、キズを目立たせないようにする堅牢性の2つの意味をもつを持つシャネルの画期的なデザインで、1930年代にショルダーバッグとして誕生し一躍人気モデルとなります。その後、シャネル製品ではショルダーバッグ以外のバッグや財布、小物類などにもマトラッセ柄が使用されるようになりますが、シャネルのマトラッセと言えばやはりショルダーバックが一般的と言えるでしょう。

■シャネル・マトラッセのチェーンショルダー
マトラッセ・チェーンショルダーはシャネルのバッグの中でも1、2位を争う人気モデルで、レッドカーペットやパーティーに出席するセレブ達のご用達としても人気があります。カラーも定番の黒を筆頭に豊富に用意され、素材もラムスキン、キャビアスキンなど個性豊かに見る者を楽しませてくれます。一生に一度持ってみたいバッグのひとつですね。