東京モーターショー2013 第1弾 最初にご紹介するのはSUZUKIブースから。

東京モーターショー2013スズキ (3)

東京モーターショー2013がいよいよ開幕致しました。

前回の2011年開催時はスバルのアヒル口美女
旋風を巻き起こしていたのが記憶に新しいところです。

第43回となる今回のモーターショーではどんな美女が、
いえいえ(汗)、どんな100年乗りたくなるような
素敵な車が展示されているのか期待したいところです。

東京国際展示場から見る東雲

さて、ご覧の通り会場となる東京ビッグサイトは
我が街 東雲の目と鼻の先と言うこともあり、
朝一よりチャリでかっ飛ばしてお邪魔して参りました。

但し、観光バスの群れや長蛇の列が見える通り
モーターショーまだ第2日目の土曜日ということもあり、
10時ジャストに到着するも入口は朝から長蛇の列、
入場するまでに約30分ほど掛かった次第です。

で、今回最初にご紹介するのは前回同様
大変人気のあったスズキ自動車のブースから。
とは言っても車の勢いってことではなく、
プレゼンテーション+α人気のことですが(汗)

東京モーターショー2013スズキ (2)

東京モーターショー2013スズキ (7)

最初にご紹介するのは
スズキ「X-LANDER(エックス・ランダー)」。

こんな小さなオープンカーでドライブもいいかも。

ジムニーベースのコンセプトカーで、
小型のハイブリッドが積まれてるんだとか。
前回は電気自動車が旬でしたが、
まだまだハイブリッドも捨てたもんじゃないですね。

因みにスズキの出展テーマは、

「新しい物語をつくろう。」。

メインステージの超ワイドパノラマスクリーンに
流れる映画監督 岩井俊二氏プロデュースによる
コンセプトカーの紹介映像が大迫力です。

東京モーターショー2013スズキ (6)

スズキ「Crosshiker(クロスハイカー)」

特にこれといった特徴は見受けられませんが、
車体のカラーに合わせたコンパニオン美女の
ユニフォームが素敵です。

そう遠くない未来にこんな素敵な洋服が
街に溢れることを祈るばかりです。

東京モーターショー2013スズキ (1)

スズキ「Recursion(リカージョン)」

あ、スイマセン。
バイクが見切れてるようです(汗)

では、別の角度から。

suzuki スズキ 東京モーターショー2013

東京モーターショー2013スズキ (5)

やっぱ見切れてるようです(汗)

スズキのバイクファンの皆様、
カメラの腕が下手で申し訳ありませんでした。

東京モーターショー2013スズキ(4)

スズキブースは別バージョンも存在しますので、
また追って追加レポートさせて頂きますね。

どうぞご期待下さいませ。

東京ゲートブリッジ

最後に東京ビックサイト東側入口から見える
東京ゲートブリッジの画でお別れです(笑)

東京モーターショー2013 第1弾 最初にご紹介するのはSUZUKIブースから。
東京モーターショー2013 第2弾 三菱自動車のConcept ARは可愛くダンシング♪
東京モーターショー2013 第3弾 三菱で見つけた壇蜜似のコンパニオン。
東京モーターショー2013 第4弾 最強の呼び声高しBMWのコンパニオン軍団。
東京モーターショー2013 第5弾 着せ替え出来る車?ダイハツKOPEN。
東京モーターショー2013 第6弾 車だけじゃ飽きるのでちょっと休憩。
東京モーターショー2013 第7弾 洋風コンパニオン vs 和風コンパニオン対決。
東京モーターショー2013 第8弾 世界一の中小企業スズキブース第2陣。
東京モーターショー2013 第9弾 あのインフィニティ・エマージは何処に?
東京モーターショー2013 第10弾 締めは世界のトヨタで決まりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.