いきなりステーキでいきなり失敗しない為の極意伝授します。

いきなりステーキ 銀座4丁目店 ikinari_steake

ちと上から目線なタイトルですが、
覚えておいて損はない極意かと。


 
尚、いきなりステーキのことを
まだよくご存じない方は
以下をご参照ください。

立ち食いと言えば「俺の」じゃなくて、
「富士そば」じゃなくて、
時代は「いきなりステーキ」でござる。

因みに上の画像の店舗は
2013年12月にオープンした
いきなりステーキの記念すべき
第1号店の銀座四丁目店デス。

いきなりステーキ ランチ ikinari_steake (3)

で、コチラのステーキが
先月11月17日よりランチで
新たに使用されることになった
ワイルドステーキこと
プレミアム・アンガス・ビーフ。

幸か不幸かワタクシは
食する機会がなかったのですが、
以前、使用されていたお肉
チャックアイロールと比べて
劇的に柔らかくなって
しかも相当美味しくなったと
大変好評を得ているお肉デス。

ランチ価格は同じ300gで
1,000円から1,200円(税抜)に
値上げになったものの
実際ワタクシが食べて思うに
コスパはとっても高く、
週2回は食べてもOKな感じ。

てか、ぶっちゃけランチ以外は
もう食べなくてもええかな?

リブロースもヒレも
そんなに変わんないですしね。

がしかし、1点だけランチに
大きな落とし穴があるんデス。

いきなりステーキ ランチ ikinari_steake (1)

このワイルドステーキランチ、
注文してからかなり早い時間に
サーブされてくるんですが、
熱々の鉄板で出される為、
ご覧の通り油の跳ねが半端ナイ!

テーブルに鉄板が置かれた瞬間
もう油ギッシュナイトです。

さらに特製ソースを掛けると、
ジュジュジュワッー!!!と
油とソースの跳ねが
辺り一面に飛び散ります!

※最近は鉄板の温度が下がったのか
 脂の跳ねはほとんどありません。
 但し、ソースを掛けると
 相変わらず脂とソースが
 跳ね上がりますのでご注意を。

 もしくはソースを掛ける前に
 お肉を冷ますのが宜しいかと。
 

いきなりステーキ ランチ ikinari_steake (4)

紙エプロンだってご覧の通り。

実は多くのお客さんが
慌てて紙エプロンを首に掛けて
油の跳ねを防御してるんですが、

よくよく観察してみると、
立ち食いだけに
エプロンとテーブルの隙間から
大切なパンツと靴の上に
油の跳ねが飛びまくり!!!!

そんなわけで、
泣きを見る前に
やるべきことはただひとつ。

熱々の鉄板が運ばれてくる前に
紙エプロン1枚は首に掛けて、

いきなりステーキ ランチ ikinari_steake (1)

さらにもう1枚の紙エプロンを
テーブルの上に半分だけ敷いて
その上に鉄板を置いてもらう。

いきなりステーキ ランチ ikinari_steake (2)

そして、
エプロンの残り半分を使って
熱々の鉄板を包み込むように
防御するのが正解デス!

いきなりステーキ ランチ ikinari_steake (3)

油とソースの跳ねが
落ち着いたところで、
ようやく頂きますできるのデス。

そうでもしないと、
貴君の大切なパンツと靴が
一瞬にして油塗れになって
ステーキを味わうどころじゃ
なくなっちゃいますからね。

以上、いきなりステーキで
いきなり失敗しない為の
極秘アドバイスでございました。

PS.
それだけじゃ甘いとの指摘有り。
袖にもべっとり来るので、
事前に腕まくりもお忘れなく、
との貴重な情報頂きました(笑)

どうぞご参考までに。

PS2.
ハズレの日もあるようで、
今日のワイルドステーキは
一切れ以外は思いっきり
堅かったデス(涙)

肉の切り分けた部位によって
硬さが違うような気が。。。