白いスニーカーは夏の僕のトレードマーク。

白いスニーカー スプリングコート K-SWISS  white_sneaker (1)

白スニーカーブーム到来中。


今夏、世間様におかれましては
白いスニーカーの一大ブームが
怒涛の如く押し寄せてるようで、

ようやく時代が
ボクに追いついてきたなと
ほくそ笑んでるところデス(笑)

そんな中、
ボクが今夏特に履き込んでいる
3足の白スニーカーをご紹介。

左から
27年前に購入したK-SWISS
5足くらい大人買いしたうちの
最後に残った貴重な1足デス。

但し、本革じゃないので、
見てくれはイマイチな感じデス。

真ん中は2012年に手に入れて、
2014年より履き始めた
白レザーのスプリングコート
SC4 MID CUT LEATHERデス。

このモデル、大変多くの
問い合わせを頂くんですが、
残念ながら日本未入荷でして
手に入りませんので悪しからず。

最後に一番右は、
2012年より履き始めた
同じくスプリングコートの
B2 MID CUT レザー

バルカナイズ製法の為、
ソールが大変柔らかく
履き心地は抜群なんですが、
それ故履き込みすぎてボロボロ。

白いスニーカー スプリングコート  white_sneaker (2)

かかとの部分破れてきました。

この部分は修理すれば
なんとかなるはずなんですが、

白いスニーカー スプリングコート ヒール white_sneaker (3)

ヒール部分がもはや赤信号。

ヒールは履き心地重視の
天然ゴム使用なので、
かかとの減りが早いんデス。

残念ながらオールソール交換
スプリングコートについては
対応不可ですし、

期待のシューグー
夏場の熱いアスファルト上では
効果がありません。

残りわずかの命かも。。。涙

白いスニーカー スプリングコート ヒール  white_sneaker (4)

因みに
同じスプリングコートでも
SC4 MID CUT LEATHER
バルカナイズ製法ではなく、
合成ゴムを使用しているので、
ヒールの減りは極短に少ないデス。

但し、それ故にソールが硬く、
バルカナイズ製法と比べれると
履き心地は雲泥の差デス。

K-SWISS ヒール  white_sneaker (5)

同様にK-SWISSも
ヒールは合成ゴムなので、
ヒールの減りはかなり遅いデス。

白いスニーカー スプリングコート K-SWISS  white_sneaker (6)

以上、製品寿命としては
100年どころか10年も怪しい
僕の夏のトレードマークとも言える
白いスニーカーですが、

まだまだストックはありますので、
地道に履き潰していく所存デス。

PS.
因みに白キャンバススニーカーが
黄ばんだらお酢で洗うが正解デス。

詳しくはコチラを参照下さい。