世界で戦えないUNIQLO その2

散々貶(けな)したかと思ったら、持ち上げて・・・

と、激しいアップダウンの続くユニクロ評ですが、
今日は久しぶりにとことん貶します(笑)

もちろん毎度のTwitter炎上覚悟で。
世界で戦えないUNIQLOその1では大炎上でしたから(汗)

さて、こちらユニクロの冬の定番タートルネックTです。


コットン100%のスムース素材に薄起毛が掛かってて、
肌触りがとっても良くて冬の人気モノです。
別名「ソフトタッチコットン」とも言われてまして
他にハイネックやクルーネックもあったりします。

しかもお値段はどれも定価でたったの1000円!
セールだと790円という激安ぶりです。

なので、2009、2010年にたっぷり大人買いして
まだ新品も何枚か持ってます(汗)

が、しかし、写真を見て頂ければ一目瞭然。
10回ほど洗濯しただけでこの無残な有様。

縦縮み、横伸び、反返りの3重苦 orz

もう3年も前から指摘されてた点ですが、
なかなか改善されないのは
素材的にも技術的にも
大量生産の限界なんでしょうね。

「タンブラー乾燥したんじゃないの?」
ってよく言われるんですが、
うちにはタンブラーがございません(涙)
なので、もちろん吊り干し乾燥です。

「ユニクロは使い捨て!1度着たら捨てるのが当たり前
ともよく言われるんですが、
うちはそんな金持ちじゃありません(汗)
なので、最低5年は着れないと駄目なんです(笑)

「どこが変なの?まだ余裕で着れるじゃない!」
なんてことも言われるんですが、
そういう方にはお古でよかったら差し上げます(笑)

そんなわけで、教訓となる痛い諺をひとつ・・・

貧乏な日本人はお金がないから使い捨ての安物を買う。
貧乏なイタリア人はお金がないから一生モノを買う。

ま、こうやってユニクロの悪口書いてるってことは
まだユニクロに愛がある証拠なのかもしれませんが(滝汗)

PS.
F21は上に加えてさらに縫製もボロボロなので要注意!

PS2.
どうもユニクロの通販サイト見るとマイナーチェンジした模様。
スタイルがタイトになって袖口が絞られてるとか。
ま、一応チェックの為に今秋1枚だけ実験買いする所存。

スニーカー:AKM x スプリングコート RANGERモデル