俺の秘密基地 第2弾:コルビジェのガラステーブル。

ル・コルビュジエ LC6 ダイニングガラステーブル Le Corbusier_LC6_glass_table (1)

引っ越したばかりの
部屋のように見えますが、
かれこれ10年住んでます(滝汗)


さて、そんな生活感のない部屋に
俺の秘密基地を構築中なのは
以前ご報告した通りですが、
やっとこさ形になってきた次第。

デスクトップパソコンは
100年使える?テラ工房の最強PC

オフィスチェアは
オカムラの最強デスク コンテッサ

そして、今回勉強机に選んだのが、

ル・コルビュジエ LC6 ダイニングガラステーブル Le Corbusier_LC6_glass_table

コルビジェのガラステーブル。

ル・コルビジェ 
ガラス強化テーブル 
リプロダクト品
商品番号:LC6-1800
サイズ:横幅1800mm x 縦幅850mm
高さ:720mm(多少UP調節可)
強化ガラス厚さ:15mm
強化ガラス重量:150kg
ショップ名:モダンデコ
価格:79,990円 (税込・送料込)

「近代建築三大巨匠」の
ひとりとして知られる
今は亡きル・コルビュジエが
1928年にデザインしたと言われる
名作ガラステーブル “LC6”。

当時、飛行機に使われていた
強固な楕円断面の金属パイプを
テーブルの脚部に使用し、
その上に巨大な1枚ガラスを
固定もさせずに乗せるだけという
斬新なアイデアが評価され、

ニューヨーク近代美術館(MOMA)の
永久保存作品としてコレクション
されていることでも知られてます。

ル・コルビュジエ LC6 ダイニングガラステーブル Le Corbusier_LC6_glass_table (3)

テーブルの天板となる
一人では絶対に持てない
横幅1800mm x 縦幅850mmの
150kgの超重量級強化ガラスは
このゴム製の4つの支持の上に
固定されず乗っかってるだけ。
なんともミニマムな作りデス。

そんな人気デザインテーブルを
自分用デスクに流用するってのが、
今時のオッサンには欠かせない
伸縮自在なシナプスによって
形成された柔軟性と審美眼デス。

なお、20年の意匠権が切れた
中国製リプロダクト品ですので、
設置に多少手間が掛かります。
また脚部のボルト穴がずれていて
差し込みにくかったりするのは
御愛嬌ということで(滝汗)

何しろライセンス品を製造している
カッシーナでのプロパー価格は
税抜でも54万円ですから(汗)

但し、脚部の艶なし塗装などは
従来のリプロダクト品と比べれば
とても技術向上ているのかなと。

ル・コルビュジエ LC6 ダイニングガラステーブル Le Corbusier_LC6_glass_table (2)

強化ガラスのエッジ部分は
しっかり角度がついてますので
特に危険ではありませんヨ。

但し、クリアなガラスが
なんとなく地味な印象ですし、
強化ガラスに万が一傷がつくのも
気分悪いしってことで、
黒スモークのアクリル板を
上から乗っけてやることに。

すると・・・・・

ル・コルビュジエ LC6 ダイニングガラステーブル Le Corbusier_LC6_glass_table (4)

ご覧の通りイメージが一新!

俺の秘密基地らしい
銀座の夜な雰囲気も醸し出され、
自己満足度はMAXへ(笑)

ガラスの保護にもなりますので、
アクリル板の利用は一石二鳥。

ガラステーブルを使っていて
そろそろテーブルの雰囲気を
変えたいと思っている方にも
ぜひお勧めしたいところデス。

ル・コルビュジエ LC6 ダイニングガラステーブル Le Corbusier_LC6_glass_table (5)

なお、黒スモークのカラーだと
机の上にかなり埃が目立ちますが、
そんな時はコレを使えば
心配ナッシング。

ハンディモップ テラ工房 最強のデスクトップPC Terra Z97 Special (2)

例のハンディモップを使えば
簡単に埃を掃えますヨ。

アクリル板を拭き掃除に関しては
ただ今メーカーに問合せ中ですので、
改めてご報告させて頂きます。

さ、ボクに続いて
京都・清水の舞台から
せいので飛んでみませんか?

机が大きいのって気分爽快ですヨ!

孤高の嗜好品 第1弾:
ココイーナのスティックのり
孤高の嗜好品 第2弾:
マトリスのティッシュボックスカバー
孤高の嗜好品 第3弾:
スタドラフォームの温度計&湿度計
孤高の嗜好品 第4弾:
男は黙ってディスペンサー
孤高の嗜好品 第5弾:
男は黙って黒いマウスパッド
孤高の嗜好品 第6弾:
男は黙ってフィスラーの鍋敷き
孤高の嗜好品 第7弾:
足下綺麗にテーブルタップボックス

俺の秘密基地 第1弾:
最強オフィスチェアはオカムラのコンテッサ
俺の秘密基地 第2弾:
コルビジェのガラステーブル
俺の秘密基地 第3弾:
男は黙ってマガジンラック