『明治維新という過ち』は読んだかい?

原田伊織 明治維新という過ち

歴史は勝者によって作られ
司馬史観によって美しく装飾される。

などとボクは密かに
思ってはいるものの・・・


本書は明治政府によって
塗り替えられたかもしれない
歴史の闇を掘り起こし

薩長の要人たちが
倒幕のために
どれだけ極悪非道な
テロ行為をやらかしたかを
公に晒したような
手厳しい内容になっています。

例えば本書での
坂本龍馬評なんかは
イギリスの武器商人
トーマス・グラバーに雇われ
薩長に戦をけしかけながら
武器・弾薬を売りまくって
荒稼ぎした死の商人に
過ぎないと一刀両断デス。

どっちの立場に立つかで
史実なんて如何様にも
解釈できるかもしれませんが

それにしても酷やなあ(苦笑)

明治維新という過ち
著者:原田伊織
★★☆☆☆

 

 

 

□□□ 東雲乃囁 □□□□□□□□□□

昔テレビで武田鉄矢さんが
こんなことを語ってました。

『竜馬がゆく』を読んで
坂本龍馬に惚れ込んだことを
司馬遼太郎先生に話した時
先生に激しく叱責されたと。

あの竜馬は私の創作だ。
小説を読んで真に受けるな。
一から歴史を勉強しろ!

そう。司馬先生の書は
あくまで小説なんデス。

ただそれでも
司馬先生の創作は
史実にしたいほどの
美しさがあると思います。