チャールズ皇太子の40年物のJohn Lobbが凄すぎる!


【出典元】John Lobb

今日から師匠と呼ばせて欲しい。


その昔、モノ持ちが良過ぎると
ある種の変人扱いされていた
英国のチャールズ皇太子ですが

否、その前に
ダイアナ妃との離婚によって
散々叩かれまくっていた
英国のチャールズ皇太子ですが

最近はそのエコな性格が
前向きに捉えられて評判となり
イギリス国民の間でも
人気急上昇してるんだとか。

そう言えば
服飾史家の中野香織さんによると
今年皇太子は、英『GQ』誌から
ベスト・ドレスト・マンにも
選ばれたんだそうデス。

【出典元】GQ Exclusive


【出典元】redingote

で、この2011年に
撮影された画像の靴は
そのチャールズ皇太子が
1971年にジョンロブで誂えたという
オックスフォードなんですが

なんと23歳の時から
40年近くも履き続けられており
よく見ると至る所に
無数の補修用パッチが
当てられているではありませんか!

どうか貴殿のことを
『Heritagerの父』と
呼ばせて下さいませ(笑)

そう言えば
2005年に再婚したカミラ夫人
(現コーンウォール公爵夫人)も
良いか悪いかは別にして
ダイアナ妃と結婚する以前から
ずっと交際を続けていたとか。

お、お、恐るべしチャールズ皇太子!

 
コチラの映像は2009年1月23日
チャールズ皇太子が自身の
ロイヤルワラント保有ショップに
訪問した際のモノだそうデス。


チャールズ皇太子の40年物のJohn Lobbが凄すぎる!」への2件のフィードバック

  1. 岩佐嘉浩

    本当にお洒落な人は気に入ったモノを長〜く愛用されますね!?“お洒落とはお金じゃなくイイものに愛着を持つ事”かも知れませんね!!
    これぞまさに「Investment」の定義。

    1. Heritager

      ■岩佐さん
      コメント有難うございます!
      “お洒落とはお金じゃなくイイものに愛着を持つ事”
      いい言葉ですねー(^^)まさにその通りかもしれませんね!トレンドに流されることなく、オリジナリティのある自分のスタイルを確立し、それに合わせたアイテムらをしっかり吟味した上で手に入れ、長く愛着をもって使い続ける。お互いの成長を確認出来る点からいっても人間的にこのほうが好ましいとワタクシも思います!

コメントは停止中です。