HDR撮影 vol.2 東京下町編。

月島の屋形船 (1)

HDR撮影せっせと今も特訓中デス。

さて、vol.1のいざ入門編以来、すっかりHDR撮影の虜となってまして、今度は東京の空が晴れ渡った日中に東京・深川辺りの下町風景を1年振りの肺がん定期検診の後にHDR撮影して参りました。以下、さっくっとご覧頂ければコレ幸いデス。

門前仲町 富岡八幡宮 (3)

東京江東区門前仲町にある富岡八幡宮。

ちょっとHDR加工やり過ぎ感満載なようでして、漫画みたいな雰囲気になってしまいました。もう少し抑えないと写真じゃなくなりますね(滝汗)

門前仲町 富岡八幡宮 tomiokahachiman (2)

富岡八幡宮境内入口付近にある八幡福餅が食べれる食事処。これも同じくやり過ぎですね。

門前仲町 富岡八幡宮 tomiokahachiman (1)

なんてことでしょう?

富岡八幡宮 御本殿はPOP感満載に!?

これじゃあ八幡様に怒られそうデス(滝汗)

門前仲町 (2)

門前仲町の黒船橋乗船場。

画に面白みは欠けますが、これぐらいが妥当でしょうか?

勝鬨橋から佃島を望む

お馴染み勝鬨橋から見る佃島方面。

画的にこれは面白くないですね。

勝どき (1)

派手なのが続いたのでコチラはかなり抑え気味に。これだとツマンナイですね。

(左)ベイシティ晴海スカイリンクタワー
(中)DEUX TOURS(ドゥ・トゥール) CANAL&SPA EAST棟
(右)DEUX TOURS(ドゥ・トゥール) CANAL&SPA WEST棟

またまた湾岸エリアにできる巨大ツインタワーマンションです。
ウエスト棟の西側のお部屋であれば東京湾大華火祭の花火も丸見えかと。

晴海大橋から東雲を望む

お馴染み晴海大橋からの東雲方面。

勝どきi (2)

同じく晴海大橋からの晴海方面。

晴海大橋からららぽーと豊洲をを望む

最後に晴海大橋からのららぽーと豊洲。

昨年6月に撮影した同じ場所からのコチラの画と比べて如何でしょ?

すべてがすべてHDR撮影のほうが美しく仕上がるかというとそういうわけではなく、これらの画のように建物の占有率が少ない風景画像の場合は逆にHDR撮影のほうが見劣りしてしまうようなので、撮影対象を見極めてしっかりと撮影モードを選択しないといけませんね。

こんな感じでなかなかいい勉強をさせて頂いております。引き続きHDR修行頑張ります!

PS.

最近話題のスマートウォッチ、
9月9日(日本時間9月10日)には
アップルからもその類の
ガジェットの発売が発表されるとか。

一体何に使うんだろ?
と不思議に思ってましたら、
メールやLINEの着信案内だけではなく、
おサイフケータイ機能を搭載して
時計でタッチ&GOできたりするんだとか。

電車の改札なんかは
右に読み取りセンサーがあるので、
スマートウォッチは右手につけるのが
基本となるのかな?と密かな疑問。

で、今付けてる時計を生まれて初めて
右手に取り付けてみたんですが
予想以上に思いっきり違和感(笑)

ま、すぐに慣れるんでしょうけど
果たしてスマホのように普及するかな?

で、中国の百度からは
食の安全守る「スマート箸」を発表!?

詳しいNEWSはコチラ

スマート箸と専用センサーを利用して
不衛生な汚染物質を含む油なんかを
検知出来るんだとか。

中国ならではの発明かなと思いましたが、
アレルギーなんかの検知も出来ると
意外に日本でも普及したりして?

さて、次はどんなスマート○○が
登場してくるのか?
ガジェット好きなオッサンとして
非常にわくわくするところデス(笑)