新・新国立競技場デザイン対決 隈研吾 vs 伊藤豊雄。

UR東雲キャナルコートCodan kodan_shinonome (4)

いよいよ決戦の時が来た!?


本日2015年12月14日午後より、
新・新国立競技場の設計・施工の
一括公募に応募した事業者から
提出された技術提案書が
JSCのHPで公開されるとか。

※JSC=日本スポーツ振興センター

今回応募したとされる事業者は
以下の2つのグループだそう。

隈研吾・大成建設 VS 伊東豊雄・竹中工務店・清水建設・大林組

実は隈研吾と伊藤豊雄の両氏は、
我が街東雲に8年程前に完成した
UR東雲キャナルコートCodan
各々デザインしたデザイナーズ
マンションを提供しています。

まずは隈研吾氏が設計した
キャナルコート三街区の物件から。

UR東雲キャナルコートCodan 隈研吾 3街区 kodan_shinonome_kengo_kuma (2)

UR東雲キャナルコートCodan 隈研吾 3街区 kodan_shinonome_kengo_kuma (3)

UR東雲キャナルコートCodan 隈研吾 3街区 kodan_shinonome_kengo_kuma (1)

とてもシャープなデザインで、
東雲キャナルコートの中でも
最も人気の高い物件デス。

続いて伊藤豊雄氏設計の
キャナルコート二街区の物件デス。

UR東雲キャナルコートCodan 伊藤豊雄 2街区 kodan_shinonome_toyoo_ito (1)

UR東雲キャナルコートCodan 伊藤豊雄 2街区 kodan_shinonome_toyoo_ito (2)

伊藤豊雄氏の物件も
コンクリート打ちっぱなしで
負けず劣らずの出来なのかなと。

新国立競技場 伊藤豊雄

因みにコチラが伊藤豊雄氏が
最初の新国立競技場のデザイン
コンペに提出したデザイン画デス。

よく見るとガラスウォール
ファサードに使われてるようで、
俯瞰した図では普通っぽいですが、
横からはいい線いってそう。

隈研吾氏は今回が初応募なので、
参考デザインはありませんが、
浅草文化観光センターをはじめ
木造風な物件を得意とする方なので、
「ガラス vs 木造」の戦いが
見れるかもしれませんね。

なお、今回公開される
技術提案書には図面や工法などが
細かく記されるそうで、
ホームページで国民の意見も
受け付けるとか。

どちらが選ばれるにしろ
日本を代表する
歴史的建造物になることは
間違いないかと思いますので、
せめて千年くらいは使えるような
普遍的で耐久性の高いスタジアムを
造って欲しいところデス。

PS.

新国立応募2陣営の外観などが
ただ今コチラで公表されました。

新国立競技場 A案

A案(隈研吾・大成建設?)

整備費:1489億円

新国立競技場 B案

新国立競技場 B案

B案(伊東豊雄・竹中工務店・清水建設・大林組?)

整備費:1496億円

ガラス vs 木造を期待してましたが、
木造 vs 木造になったようデス(涙)

個人的には隈研吾・大成建設と
思われるA案のほうが好みですが、
屋根がガラス張りでないので、
薄暗いスタジアムになるのではないかと
そこだけがちょっと心配デス。