す み だ 北 斎 美 術 館 。

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-9

2016年12月6日(火)


鼻がツーンとする冬の寒空のもと
やっとお邪魔してきました
11月22日にオープンしたばかり
出来立てほやほやの・・・・・

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-1

すみだ北斎美術館

説明不要かとは思いますが、
江戸時代後期の天才浮世絵師
葛飾北斎の専門美術館デス。

で、葛飾北斎って
どんな絵を描いてた人なの?
ってことを一応ご説明しますと、

一番有名な絵がもちろん

『冨嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」 the_great_wave_off_kanagawa

『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』。

北斎70歳の頃の木版画作品デス。

それからコチラも。

akafuji 『冨嶽三十六景 凱風快晴』 (通称:赤富士)

『冨嶽三十六景 凱風快晴』

通称「赤富士」も有名ですよね。

70代前半の頃の木版画作品デス。

風景画の浮世絵を
最初に描いた絵師が北斎でして、
「東海道五十三次」を描いた
安藤広重こと歌川広重にも
多大な影響を与えていることは
以前コチラでご紹介した通りデス。

さ、話を建物の件に戻しまして、

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-3

ご覧の通り妹島和世氏が設計した
めちゃくちゃ近代的な美術館。

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-5

きっと葛飾北斎本人も
草葉の陰で驚いていることかと。

イメージ違うんとちゃう?って(笑)

何しろ晩年の葛飾北斎が
絵を描いている図ってのは
こんなイメージだったとか(汗)

すみだ北斎美術館 蝋人形 the_sumida_hokusai_museum-1

一緒に住んでいた娘の阿栄(おえい)、
そして絵を描く北斎の制作風景。

因みにこの三女の阿栄は
いつも北斎より「おーい」と
呼ばれていたことから、
葛飾応為という画号で10点ほど
絵を描いていたこともあるそうデス。

この蝋人形は4階の常設展で
ご覧いただくことができるんですが、
門人であった露木為一が描いた絵
「北斎仮宅之図」を元に作ったそう。

当時はこんなに質素だったのですね。

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-2

で、またまた話を戻しまして、
建物1階部分はこんな感じデス。

妹島デザインらしい複雑系。

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-7

1階には土産物売場や図書館、、、

すみだ北斎美術館 建物 妹島和世氏設計 the_sumida_hokusai_museum-6

30人くらい座れる
シアターも用意されています。

因みに1階部分はすべて無料。

1階のチケットカウンターで
チケット(現金のみ)を購入し、
エレベーターで最上階の4階へ。

すみだ北斎美術館初の企画展は

開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」 hokusaiten すみだ北斎美術館 

「北斎の帰還-
 幻の絵巻と名品コレクション-」

メインの展示は、約110年余りも
行方知れずとなっていた幻の絵巻、

隅田川両岸景色図巻」。

北斎が46歳の頃に描いたとされ、
縦28.5cm、横633.5cmという
北斎最長の肉筆画で、
昨年2015年に海外で再発見され、
晴れて日本へ里帰りしたそうな。

因みに企画展は写真撮影禁止ですが、
常設展は撮影禁止マークが
付いている絵以外は撮影可能デス。

そして、常設展でも沢山の絵が
年代別にご覧になれるんですが、
その中でも特に注目したいのが、

富士越龍図 千鳥の玉川 hokusai-fuji-koryuu すみだ北斎美術館

「富士越龍図(左)」と
「千鳥の玉川(右)。

特に左の「富士越龍図」は
北斎の絶筆の絵に近いとも言われ、
つまり88歳で亡くなる直前近くに
描かれた直筆画だそうで、
宙を舞う龍を間近で見ると
本当に神々しい作品なのデス。

そういえば富岡鉄斎
晩年に凄い絵を描いてましたが、
絵師って年齢による衰えが
まったくないのしょうか。

そんなわけで、
「隅田川両岸景色図巻」と
「富士越龍図」の2点、
ぜひ現物をご覧になってください。

そして、冒頭でご紹介した
『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』
『冨嶽三十六景 凱風快晴』 も
もちろん展示されてますので、
お見逃しなく。

◆葛飾北斎(満88歳)
1760年10月31日 – 1849年5月10日

画家は長寿」という説を
実証した絵師の一人でありますネ。

◆すみだ北斎美術館

住所;東京都墨田区亀沢2-7-2 地図
TEL:03・6658・8931 
開館時間:9時30分~17時30分(入館は17時まで)
休館日:月曜(祝・休日の場合は開館し翌平日休館)、
年始年末(2016年12月26日~2017年1月1日)
観覧料:「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」は1,200円、常設展400円
アクセス:都営大江戸線「両国」駅A3出口より徒歩5分、JR総武線「両国」駅東口より徒歩9分

すみだ北斎美術館 東京スカイツリー sumida_hokusai_museum-8

因みに隣の公園からは
東京スカイツリーもご覧頂けます。

最後にどうして墨田区に
美術館が作られたかと申しますと、
葛飾北斎は一生のうち93回ほど
引っ越しをしてるらしいのですが、
そのほとんどの住居が
墨田区内にあったそうデス。

そして、特に生誕の地である
本所割下水を「北斎通り」と
名付けられ、その通りに面した
緑町公園内にすみだ北斎美術館が
作られることになったわけデス。