村上春樹さんの着てるのBarbourかな?

豊洲のR.O.STARカフェで
ビールを数杯いただきながら
ウイスキーについての本を読む。

夜俟たずして酔っ払い。

東雲乃風


さて、そんなわけで
豊洲のR.O.STARカフェにて

村上春樹著書の
もし僕らのことばが
ウィスキーであったなら
」を
小一時間で読了しました。

村上春樹さんが
奥さんの陽子さんと二人で
ウィスキーの聖地アイラ島と
ウィスキー生誕の地と言われる
アイルランドを旅した際の
ウィスキーに纏わる
やたらアルコール度の高い
旅行記なんですが

奥さんが撮影したという
写真嫌いの春樹さんの画像も
何枚か掲載されてまして
とても貴重な一冊と言えましょう。

但し、16年前に
刊行された本なので
春樹さんもかなり若めデス。

で、その画像の中でも
特にボクが目を細めたのが
P64に掲載されていたこの画像。

アイラ島のボウモア蒸留所で
麦芽の「すきかえし」をする
当時52歳くらいの春樹さん。

着用しているのはバブアの
ビデイルっぽい雰囲気デス。

郷に入っては郷に従え。
ちゃんと気を遣ってるところが
村上春樹さんらしいですね。

★★☆☆☆
もし僕らのことばが
ウィスキーであったなら

著者:村上春樹

※シングルモルト好きな方なら★5つでしょう。

PS.

“Barbour(バブア)”と言えば、英国王室御用達ブランドの中でもエリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子の3氏が愛用する1894年創業の超の付く老舗ブランドです。

最も知られているのが、防水オイルがこれでもかと沁み込んだ雨用にもなるコットンワックスドジャケット。但し、決して高価なブランドではない為、英国民の過半数が所持しているとも言われてます。