哀!G-SHOCK ピンチ。

G-SHOCK ピンチ 結露

100年までまだあと73年(汗)


7年前の2010年春に購入した
ボクの一張羅な腕時計と言えば

G-SHOCK
BLACK×GOLD Series
GW-2000BGD-1AJF

おかげさまで期待通りの
エイジングが進んでくれてます。

がしかし、

よ~く時計を観察すると・・・

G-SHOCK ピンチ 結露

ガラスの内側に

曇 り 大 発 生 ! ?

お天気の機嫌が悪いと
必ず曇ってくるようなので
不本意ながら修理が必要のよう。

ひょっとすると
知らず知らずのうちに
お湯で洗ってしまったかな(汗)

近々東急プラザ銀座にある
G-SHOCK修理工房
修理依頼に行って参ります。

秋葉原のサービスセンターまで
行く必要がなくなったのは
ちょっと助かりましたけどネ。

にしても、73年は長いなあ(苦笑)

 

 

 

 

 

□□□ 東雲乃本 □□□□□□□□□

Embed from Getty Images

今年2017年のノーベル文学賞に
英国人のカズオ・イシグロ氏が
選考されたことは既に皆様も
よくご存知の通りかと。

実は毎年受賞を期待されている
村上春樹氏も石黒一雄氏の
昔からの大ファンでして
著作が出版されると必ず読む
小説家のひとりとして度々
村上氏の著書にも紹介されてます。

因みに石黒一雄氏と村上春樹氏が
初めて会った時のことを

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?

に、書いてるんですが
石黒氏は開口一発に
「ボクは日本語ができないんだ」
と言って終始英語で
会話させられたそうデス。

がしかし

英国人の奥さんから
「実は結構日本語できるんですよ。」
と囁かれたとか(苦笑)

確かに5歳から渡英してますが
もちろん両親も一緒だったし
父の石黒鎮雄さんは
2007年まで生存されてるので
実は達者なのかもしれませんネ。