ワコールCW-XにLOVE。

CW-X フリースタイル

シュッとしてます、シュッと。


さて、昨日ご紹介した北八ヶ岳登山

美しく神々しい山々に
もちろんいい加減な装いで
足を踏み入れることはできません。

そのための用意として
メレルのジャングルモック
ワークマンのレインコート
新調したことは既に報告済みデス。

が、合わせてワコールのCW-X
2枚を事前に調達していたこと
すっかり報告忘れてましたので
この場に及んで今さらご紹介デス。

CW-X フリースタイル

ワコール
CW-X スタイルフリーロングスポーツタイツ
素材:ポリエステル80%、ポリウレタン20%
色:BL(ブラック)
重さ:175g
サイズ:L

ハイキングとはいえ
かなりの量の汗をかきますし
重い替えの長パンツを
持ち歩くのはちょっと辛い。

このスポーツタイツというか
スパッツもしくはレギンスなら
重さはわずか175gですし
大した荷物にもなりません。

ショーツを上から穿けば
それなりに見栄えは良いし
今時の登山にレギンスを穿く
人気の所以がよく分かります。

そう言えば
高尾山の山ガールたちも
みんなレギンス穿いてましたネ。
新調して大正解のアイテムでした。

なお、着画は別途報告予定デス。

また、耐久性も改めてレポートします。

 

 

 

 

 

□□□ 東雲乃味 □□□□□□□□□

ジャンドゥーヤのチョコレート。

さて、イタリア・トリノの
チョコレートを頂きましたので
チョコっとご紹介デス(笑)

名前は「ジャンドゥーヤ」。

イタリアらしい
陽気で小粋なパッケージが
中味のチョコを食べる前から
テンション上げてくれます。

ジャンドゥーヤのチョコレート。

とは言っても
「これベルギーのチョコだよ。」
と、仮に聞かされてれば

「ベルギーらしい
 小粋なパッケージだなあ。うんうん」

と、知ったかぶりに
答えてるだろう自分を想像すると
やや気が滅入ってしまうけど(汗)

要するに
ヨーロッパの国々で
作られてるモノに区別なんて
ボクはつけられないんですよね。

イタリアもベルギーも
どっちも行ったことがないし(汗)

何しろ僕の人生最大の自慢は
松本城彦根城
両方見たことがある!ですから。

ジャンドゥーヤのチョコレート。

ま、そんなわけで
イタリア産の名産チョコの味を
海より深く語れるはずもなく

とりあえず

「 甘 く て 美 味 い ! 」

とだけ申しあげておきます!

PS.

このチョコをボクにくれた方は

「あんたなんかに
 上げるんじゃなかったわ。」

と、きっと後悔してるだろうけど。

このチョコに関する詳しい情報は
コチラをご参照くださいませ。

ナポレオン
大陸封鎖令が原因で
生まれたチョコなんですって。