ウォール街 vs WALL STREET

 
こちら1987年に米国で公開された『ウォール街』ですね。


当時のボクはこの作品が大のお気に入りでして、
ビデオに録画して軽く100回以上は観てるかと^^

何しろマイケル・ダグラス扮するゴードン・ゲッコーの
剛腕ぶりとサスペンダー姿がめちゃくちゃカッコ良くて、
ボクもいろんなサスペンダーを買い集めた次第。

でも、あの権力の象徴ともいえる太いサスペンダーは
何故か何処にも売ってなかったんですよね(涙)
で、結局、身分相応なめちゃ細いサスペンダーで
なんちゃってゴードンを気取っておりました(滝汗)

そして、地球の裏側のようなところからかけてた
あのレンガのようにデカい携帯電話も忘れられません(xx)

 
で、先日DVDで観たのがこの『WALL STREET』デス。
嬉しいことに『ウォール街』の続編となっていて、
ゴードン役のマイケル・ダグラスはもちろんのこと、
バド・フォックス役のチャーリー・シーンまでも登場!
さらにあのレンガの携帯電話まで(笑)

残念ながらストーリーはかなり期待外れに終わりまして、
ボクの私的な理想としてはシャイア・ラブーフ扮する
ジェイコブ・ムーアとゴードンがタッグを組んで
ライバル銀行の悪役ブレトンをふたりで完膚なきまでに
ぶった切るなんて内容だったら嬉しかったんですが、
最後のゴードンのやり方にちょっと消化不良気味。
あれじゃーゴードンが主役とは言えないよなあな
ちと寂しい出来でございました。

 
ってことで、ボク的にはこの『ハゲタカ』のほうが
よっぽど楽しめた作品なのでございました。

ラストのスタンリー・ブラザース株の空売りは圧巻!
腐ったアメリカを買い叩く!の鷲津は超カッコっよす!
あっさり鷲津はゴードンを超えた存在になりましたデス!

そんなわけで100年後も残したい金融映画作品は
ボク的に文句なく『ハゲタカ』に決定です^^

さーて、次は『ツーリスト』のDVDを観るかなっと^^