ダウンジャケットの変色問題。

2014年 デュベティカ x ウノピュウノウグァーレトレ コラボレーションダウンジャケット 1PIU1UGUAE3 × DUVETICA WOOL mt-113 HOODED DOWN JACKET 2014

ダウンジャケット着るにはこんな覚悟が必要なんデス。


ダウンジャケットやダウンコートを長く使用していると避けて通れない問題があります。

それは・・・変色問題。

ダウンジャケットで主に使用されているナイロン素材は、その構造上ウールや絹と繊維組成的に類似しており、撥水性に優れ、軽くしなやかで、微妙なニュアンスのカラーも思い通りに染色できるという極めて使い勝手の良い素材なんですが、そのデメリットとして窒素酸化物や紫外線などによる酸化、及び染料や加工剤自体の黄変が発生しやすく、とても変色(退色・色褪せ・黄変)しやすい性質をもった素材なんデス。因みに濃色系のナイロン素材は長年使用しても変色しないように感じられますが、実際には微妙に変色しているそうデス。

その逆にポリエステル素材は思い通りのカラーに染められない代わりに、いったん染めてしまうと変色しにくい性質をもっています。

では、なぜ変色リスクがあるにも拘わらずポリエステル素材ではなくナイロン素材を使い続けているのか、Moncler(モンクレール)やDUVETICA(デュベティカ)、TATRAS(タトラス)、CANADA GOOSE(カナダグース)、Herno(ヘルノ)をはじめとしたダウンジャケットメーカーはそこまで頭が悪いのか?とお怒りになられるユーザーがいるかと思われますが、実はナイロン素材を使わざるえない理由があるんデス。

その最大の理由はずばり・・・

ナイロンは燃えにくいから。

いわゆるナイロンが極めて【 難燃性 】の素材だからなんデス。

ダウンジャケットは当然ながら中にダウンボールとフェザーが入っていますので、ストーブに近づきすぎたり、火の粉やらを被って表素材に火が着いて、万が一中のダウンまで燃え拡がったらさあ大変一大事デス。下手すると全身黒焦げになっちゃいます。

参考までにコチラの動画をどうぞ。

ご覧の通りナイロンは火が着いてもくしゅくしゅと縮こまるように溶けるだけで、燃え上がることはありません。逆にポリエステル素材は火がつくとかなり燃え上がります。よって例え変色リスクを抱えようとも安全性を考慮すると表裏ともにナイロン素材を使用するのが正解というわけなんですネ。

その昔ユニクロに表裏ともにポリエステル100%素材が使われたダウンジャケットがありましたが、今のユニクロは表ナイロン100%、裏ポリエステル100%が一般的デス。裏に燃焼リスクのあるポリエステル素材が使われている理由は、ちょっと計り兼ねますが、ひょっとするとコスト的な問題?

また大手スポーツメーカーでも表裏にポリエステル素材を使用しているブランドが今も存在してますので、難燃剤などが付着させた防炎加工がなされているか要チェックです。

さらに最近はダウンジャケットを軽く仕上げるために、表地はナイロンを使用しているもののナイロン製ダウンパックで包まれていない一重のダウンジャケットがあったりしますが、これも結構考えようによっては危険な代物なので取り扱い注意が必要デス。

科学の力をもって変色しにくい染色がナイロンでもできるようになればよいのですが、そういう染色はどうしても濃色系や色気のないベタなカラーになってしまうようなので、なかなか難しいところですね。

以上の通り、最初から変色リスクの少ない濃色系の色を選択するか、あくまで自分の気に入った色を選択し、万が一変色した場合には濃色系に染め直しをする、もしくはインキングするという不退転の覚悟をもつか、はたまたポリエステル素材を選んで決死の覚悟をするか、のどれかだと思われます。

PS.

続いてファー(毛皮)の問題デス。

ダウンの表地にはナイロン素材を使用する必要があるということは、当然リアルファーを使用しなければならず、アクリルが主体のフェイクファーは使用できません。

何故ならナイロンは+(プラス)帯電なので、もし-(マイナス)帯電のアクリル製フェイクファーを使用すると、静電気によってナイロン素材にフェイクファーがべったりと張り付いてしまうからなのデス。なお、リアルファーはナイロンと同じ+(プラス)帯電なので張り付くことは基本的にありません。

ナイロン素材を使ったユニクロのダウンジャケットにフェイクファー付きがなくなったのはそういう理由からなのですネ。多分。