森村誠一版 太平記。

太平記 森村誠一

★★★☆☆
太平記
著者:森村誠一


森村誠一版「太平記」読了。

足利尊氏 vs 後醍醐天皇の20年に渡る壮絶な覇権争い、足利尊氏 vs 足利直義の史上最大の兄弟喧嘩など読みどころ満載。

逆転に次ぐ逆転の抗争を最後に制したのは、謀反人のそしりを受けようが、逃げ恥をかこうが、結局徳川家康同様に好敵手たちより長生きをした謀将・足利尊氏ってことで、健康一番、サバ缶二番、はま寿司三番デス(笑)

確かに後醍醐天皇一筋に支えた楠木正成と新田義貞は後世に忠臣の名と勇ましい銅像を残しましたが、その最期はあまりにも無念ではなかったかと(涙)

そして、道鏡や平将門とともに日本三悪人のひとりにも数えられることのある足利尊氏ですが、想像していたよりは余程まともな思考をもった武将のように感じました。後醍醐天皇の権力欲、俺様ぶりが目立った書き方をされた小説でもありましたしね。

ってことで、次回は吉川英治版「私本太平記」を読んで、さらに南北朝時代の実態に分け入ってみようと思います。

PS.

そういえば憎まれっ子、世に憚るの室町幕府も江戸幕府もともに15代将軍まで永らえましたネ。

 

□□□ 東雲乃呟 □□□□□□□□□□

衝撃の13歳!?

サクラ・キルシュ

ドイツ人父とのハーフですが
既にモデルとしてTGC teenの
ランウェイを颯爽と歩いてるとか。

行末が楽しみデス。