真鍮エイジングの凄味。

変化を愉しむ。


丁度1年前に手に入れた
CHAOSのキーホルダー

真鍮製の靴べらが付いた
真面目に使えるヤツです。

新品当初。

何の味わいもない
単なる黄銅だったけど・・・

エイジング3カ月目。

真鍮らしく変色がすすむ。

実は酸化してるだけなんだけど
コレを侘び錆びと考えるか
それとも単なる劣化と見るか。

エイジング12カ月目。

ついに真鍮の最終形完成。

紛失しない限り千年イケるはず(笑)

 

□□□ 東雲乃呟 □□□□□□□□□□

江戸時代初めの頃は
海外からの輸入品であった為
純金よりも高価とされた真鍮。

例えば日光東照宮では
当時の最も高価な貴金属として
真鍮版がふんだんに使われたとも。