了・学問のすすめ。

学問のすすめ 福沢諭吉

★★★★★


明治5年から
明治9年にわたって
福澤諭吉によって刊行された
当時の大・大・大ベストセラー

学 問 の す す め

明治初めのころ
封建社会と儒教思想しか知らず
科学文明の欠片もなかった日本が
どうやってごくわずかな時間で
欧米社会に追いつくことができたのか?

ホント不思議でならなかったが
福澤諭吉がこの本を書いたからこそ
本書による啓蒙があったからこそ
日本人が学習することを渇望し
明治19年には義務教育化され
日本人の学習に対する意欲が
飛躍的に湧いたのだと理解できた。

まだ読んでないという人には
初編だけでも読むことを薦める。

目から鱗、初編だけで星5つを与えたくなるはずだ。

そして中学生のときに読み終えていたかったと思うはずだ。

ってことで、尊敬する偉人
以下の通り順位変更と相成った。

01. 福沢諭吉
02. 渋沢栄一
03. 新島襄
04. 千利休

 

□□□ 東雲乃呟 □□□□□□□

この人たちは人間かしら?(^-^;