3D映画は最前列で観るのが吉デス。とくにパシフィックリムはね。

パシフィックリム pacific_rim  (5)

大変遅くなりましたが、
PACIFIC RIM(パシフィックリム)
戦ってきましたので、そのご報告を(笑)

なお、プチねたバレあるかもなのでご注意を。

で、まずはじめにワタクシの持論なのですが、
3D映画を観賞する際は最前列に席を取ることを
激しくお薦め致します。

ちょっと字幕は読みにくくなるかもしれませんが、
視界からハミ出るくらい前の席のほうが
3Dの飛び出し感を満喫できるからデス。

騙されたと思ってぜひお試しを(^O^)/

pacific_rim パシフィックリム

さて、まずは簡単なストーリーから。

近未来の話。
太平洋の奥深くにある海溝から
突如巨大な怪獣たちが次々と姿を現し、
世界各国の主要都市を襲い始めます。

PACIFIC RIM パシフィックリム イエーガー

そこで、人類はその怪獣達に対抗する為
国際的な軍事組織、環太平洋防衛軍が主導して
巨大ロボット「イェーガー」を作り上げます。

この「イェーガー」は冒頭画像のように
2人のパイロットが神経を接続して動かすという
ちょっと複雑な仕組みの巨大ロボットです。

余計なお世話ですが
ハリウッド仕様なのか足が長いですね(汗)

パシフィックリム pacific_rim  (3)

で、その巨大ロボット「イエーガー」、
最初はええ調子でガンガンに怪獣たちを
やっつけていくわけです。

でも、何故か怪獣たちも徐々にレベルUP、
今度は逆にイエーガーが圧倒されていく始末。

pacific_rim2

そのイエーガーのエースパイロットのひとりだった
ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)も
激しい戦闘でパートナーだった兄を失うことに。

その後も怪獣たちの勢いは留まるところを知らず
人類もいよいよ苦境に立たされてしまいます。

pacific-rim スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)

そこで、環太平洋防衛軍の司令官、
スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)は
最終決戦に向けてローリー・ベケットを再び召集。

パシフィック・リム (1)

兄の死で失意のどん底だったローリーを奮い立たせ、
訓練生の森マコ(菊地凛子)をパートナーに。

※この森マコの幼少時代を
芦田愛菜ちゃんが演じてます。

パシフィックリム PACIFIC RIM

また、残るパイロットたちも
最終決戦地である香港へぞくぞく集結。

パシフィックリム pacific_rim  (2)

そして、いよいよ最終決戦へ。

果たして巨大ロボットたちは
怪獣たちから地球を守れるのか?!

パシフィックリム pacific_rim  (4)

ま、ざっと以上こんな感じでしょうか。

実際にはもっと複雑な展開ではありますが、
とにかく怪獣映画好きな方、
40代、50代の怪獣世代の方になら
大迫力映像できっと楽しんで頂けるかと。

戦闘機で戦ったほうが早いんと違うの?
とか、いろんな雑念は浮かぶかもしれませんが、
そんなんは無視してぜひポジティブにご覧下さい。

やっぱり怪獣には人型で挑まないとね。

最後に繰り返しになりますが、
3D映画は最前列で観るのが吉デス。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.