熱帯夜でも快眠できるのは『寝ゴザ vs 竹シーツ』さてどっち?

a good sleep 夏の快眠 安眠 熱帯夜

熱帯夜を制するのは
寝ゴザ?それとも竹シーツ?


世は寒いんだか暑いんだか、
ヤジを言ったのは誰なんだか、
ようわからん天気が続きますが、

エコな快眠アイテムの筆頭
「寝ゴザ」と「竹シーツ」、
どっちが夏の寝苦しい夜には
優れてるんだかをオッサン肌で
徹底調査した次第デス。
ま、暇ですネ(汗)

そんなわけで政治家の皆様、
侘び寂び愛する日本人として
場所をわきまえないヤジは
下品なのでやめましょうね。

発言するならちゃんと手を挙げてと
小学生の時に教わったでしょ?笑

で、果たして節電王はどっちなの?

因みに冷感ジェルマットも
いろいろ試してみましたが、
すぐに体温で温まってしまう為、
現時点では却下となりました。
新製品の開発を期待しとります。

まずは先日、コチラでご紹介した
福岡産の最強の寝ござデス。

福岡で作る純国産の寝ござ(200×95cm)

家具の里限定オリジナル
福岡で作る純国産の寝ござ
花茣蓙景色(200×95cm)
価格 10,778円(税込)

福岡で作る純国産の寝ござ(200×95cm)

なんと言っても
福岡産い草の香りに包まれて
癒されながらの睡眠は最高デス。

青山工房の檜のボディブラシ
匹敵する癒し効果を得られます。

また、綾織りの肌触りも
独特の感触で嫌いじゃないデス。

で、採点しますと・・・

価格:★
耐久性:★★★
香り:★★★★★
吸湿率:★★★★★
ひんやり度:★★★
総合得点:17点

続きましては竹シーツです。

竹あじろ(竹シーツ)bamboo seats (1)

ビバホーム豊洲
オリジナル竹シーツ
周囲:綿のバイヤステープ使用
中国製(200×90cm)
価格 2,376円(税込)

竹チップ製の竹シーツが
一般的には主流のようですが、
嵩張って保管場所に困ることと
耐久性に難があるようなので、
今回コチラを候補にあげました。

周囲には綿のバイヤステープが
施されています。

竹あじろ(竹シーツ)bamboo seats (2)

竹シーツ(パッド)の表面

5mm幅の竹が400枚ほど
合わさって構成されています。

何しろひんやり度は抜群でして
フローリングの床と同等、
もしくはそれ以上に
冷たく感じられますよ。

但し、最初の頃は
酢酸系の匂いがしますので、
苦手な人はご注意ください。

また、すね毛というよりも
太腿の裏の毛が竹に挟まって
ちょっとチクチクするかもデス。
翌日には慣れますが。

竹あじろ(竹シーツ)bamboo seats (3)

竹シーツ(パッド)の裏面

裏面には薄いガーゼが張られ
竹が固定されています。

なので、表面の止め糸が切れても
裏のガーゼで固定されているので、
割と丈夫な設計がされています。

価格:★★★★
耐久性:★★★
香り:★★
吸湿率:★★★
ひんやり度:★★★★★
総合得点:17点

総合得点はどちらも17点で
甲乙つけがたいところデス。

よって、28度以上は竹シーツ、
室温28度未満の熱帯夜は
い草のゴザで如何でしょうか?

つまり両方買いなさいと(苦笑)

さらに扇風機をつけて寝ますと
ひんやり度は更に向上しまして
熱帯夜もなんのそのデス。
もうクーラーは不要かも(笑)

で、楽天でビバホームと同等の
竹シーツを探しましたところ、
同等のモノが見つかりましたので
ご紹介させて頂きます。

竹あじろ(竹シーツ) bamboo seats  (1)

家具インテリア館
ひんやり竹シーツ(竹ラグ)
中国製(180×90cm)
価格 2,757円(税込)

レビューでも高評価を得てますが、
実際その通りだと思います。

竹あじろ(竹シーツ) bamboo seats  (2)

裏面はガーゼ状のモノではなく、
紙素材が使用されているそうデス。

さ、皆様、ぜひ今年の熱帯夜は
寝ゴザもしくは竹シーツを使って
快適にお過ごし下さいネ。

なお、双方の耐久性に関しては
また追ってレポートさせて頂きます。

PS.

take_sitsu 竹シーツ

丸2年使用した竹シーツですが、
ご覧の通り竹が割れてきました(涙)

これ以上の使用は厳しいですが、
ひんやり度はさすがのゴザも
敵いそうにありませんので、
来年新たに新調したいと思います。

なお、寝茣蓙のほうは
相変わらず元気にやっています。