中川政七商店と考えた、100年続く日本のものづくり。

中川政七商店 長く使いたい暮らしの道具 カーサ・ブルータス Casa_BRUTUS

Casa BRUTUS特別編集

中川政七商店と考えた、
100年続く日本のものづくり。


文字通り中川政七商店の
宣伝本なんだろうけど、
タイトルに偽りはなく、
予想外に興味をひく美・商品が
目白押しで読み飽きなかった。

中川政七商店 長く使いたい暮らしの道具 カーサ・ブルータス Casa_BRUTUS_02

著名文化人たちがお奨めする
「好きな日本の工芸」も
デザインの優れた蘊蓄ある
実用品が山ほど紹介されてる。

kamasada 釜定 栓抜き

特にぐっと心を鷲掴みされたのが、
明治時代から続く盛岡の鋳物屋

釜定」の黒い栓抜き。

3代目宮伸穂氏の作る逸品は
400年以上昔の桃山時代から続く
南部鉄器の製造方法が踏襲され、

紛失さえしなければ
百年どころか、
数百年以上もの耐久性があるはず。

ビール瓶を開ける瞬間の音も
その味もきっち違うに違いない。

ご興味あればぜひどうぞ。

因みにボクは生ビール派ではなく、
生粋の瓶ビール派だ。

PS.

「釜」と言えば、
合羽橋の釜浅商店もお忘れなく。