村上春樹とコードヴァンの靴。

1973年のピンボール 村上春樹

目の付け所がさすが村上さん。


1973年のピンボール
もうひとつ気になる一節を発見。

1973年のピンボール 村上春樹

「1973年のピンボール」P10より

ところで、プラットフォームを縦断する犬にどうしても会いたかった。

それから四年後、1973年の5月、僕は一人でその駅を訪ねた。犬を見るためだ。そのために僕は髭を剃り、半年振りにネクタイをしめ、新しいコードヴァンの靴をおろした。

新しいコードヴァンの靴!?

『群像』1980年3月号に掲載され、
同年6月17日、講談社より
単行本化されたこの小説に
コードヴァンが登場してたとは。

多分学生時代に同書を読んだ時は
「コードヴァン」なんて
耳にしたことがなく、
どっかのブランドくらいにしか
思ってなかったはず。

村上さんって1980年以前から
きっとコードヴァンの靴を
愛用してたんでしょうね。

当時の靴まだ持ってるかな?

moto コードバン

で、僕のコードヴァンと言えば
未だこのMOTOの一足だけ。

今も昔も一途な男デス(笑)