映画『キスできる餃子』。

負けられない餃子がそこにある。


あの「クハナ!」から2年
秦建日子氏、監督・脚本の
地方創生ムービー第2弾

キスできる餃子」が

ついに完成したと聞きまして
早速ピカデリー新宿にて
劇場鑑賞してまいりました。

この日は舞台挨拶付き。

右から秦建日子監督
田村侑久くん
足立梨花ちゃん
佐野ひなこちゃん

因みに主演の足立梨花ちゃんは
年齢的には掛け離れてるけど
なんとボクの中学校の後輩!?

ホント世間は狭いデス。

さて、本編レビューは
他の映画ファンに譲るとして

“餃子と言えば宇都宮”が
すっかり定着してる中で
何故に餃子で地方創生なの?
と疑問をもたれるかもしれない。

実は外食としての餃子は
宇都宮が圧倒してるものの
1世帯平均の餃子購入額
つまり内食としての餃子は
2014-2016年まで3年連続で
浜松市に負けていたそうデス。

そんな逆風吹き荒れる中で
密かに計画が進んだのが
餃子の街・宇都宮を舞台にした
本作品というわけなんデス。

2017年夏に宇都宮の街中で
撮影が行われた効果が出たのか
それは神のみぞ知るですが
昨年2017年の餃子購入額は
早速浜松をぶっち切ったとか。

恐るべし地方創生ムービー効果?

第3弾が待ち遠しいデス。

なお、劇場での鑑賞後
その足で新宿の餃子店に
駆け込んだことは
言うまでもありません。

がしかし

コレじゃない!

宇都宮の餃子は
こんな餃子じゃないんデス!

ってことで
改めて食べ直してきます(汗)

★★★☆☆
キスできる餃子
監督・脚本:秦建日子