30年ぶりに 『 風の歌を聴け 』 を読む。

風の歌を聴け 村上春樹

ほんのりアメグラの香りが。。。


村上春樹の処女作
風の歌を聴け 』を
30年以上ぶりに読んでみました。

がしかし、

こんな色気のある文章を
大学2年のときに読んでるくせに
まさかその30年後の今日になって、
つまらん俳句を脳の襞に汗かかせて
真摯に考え込んでいるとは
夢にも思いませなんだわ。

小学生からやり直しかな(汗)

PS.

そういえば、
以前にもコチラで書きましたが、
30年前の学生時代に、
同小説の舞台のひとつにもなった
主人公行きつけのジェイズ・バー、

そのモデルとなったバーを
京都から遠征して、
神戸で散々探しまくりましたが、
結局見つけること敵わず、
今となっては良き思い出デス。

PS2.

ボブ・ディランがノーベル文学賞!?
ってことで、頭に浮かぶのは、

まだ生きてたんだ!?ってことと、

ガロの「学生街の喫茶店」。

君とよくこの店にきたものさ
訳もなくお茶を飲み話したよ
学生でにぎやかなこの店の
片隅で聴いていたボブ・ディラン ♪

あの時の歌は聴こえない
人の姿も変わったよ
時は流れた ~ ♪

あの頃は愛だとは知らないで
サヨナラも言わないで別れたよ
君と ~ ♪

ボブ・ディラン様、
オメデトウゴザイマス。