シャルトルブルーな万年筆。

コードバン手帳 プラチナ万年筆 万年筆いろいろ plaratina_mannenhitu (1)

お洒落極道に触発されて、
万年筆ブーム到来デス(汗)


冒頭画像右から
シェーファーのボールペン
コードバンシステム手帳
呉竹の万年毛筆
ウォーターマンの万年筆

で、今回新しく仲間入りした

プラチナ万年筆 万年筆 #3776 センチュリー PNB-10000 #51シャルトルブルー plaratina_mannenhitu (2)

プラチナ万年筆
#3776 センチュリー
PNB-10000 超極細(UEF)
#51シャルトルブルー
価格:7,000円(税抜・送料込)

昨年6月に手に入れた
ウォーターマンのペン先が
Mサイズでちと太めでして、

小さなシステム手帳に複雑な
漢字を書くには無理があり、
国産の超極細サイズ万年筆を
試しに買ってみた次第デス。

ペン本体のカラーの名前
「シャルトルブルー」とは
フランス・パリ郊外にある
シャルトル大聖堂
ステンドグラスの青色を
イメージしてるんだとか。

プラチナ万年筆 万年筆 #3776 センチュリー PNB-10000 #51シャルトルブルー plaratina_mannenhitu (3)

Heritager.comの文字入り(笑)

とってもプラスティッキーで、
高級感はほぼ皆無なんですが、

先日コチラで書いたような
いい万年筆を見極められる術を
未だ身に着けていませんので、
しばらく修行が必要デス。

例え安価な万年筆でも今は
どんどん書きまくるのみデス。

プラチナ万年筆 万年筆 #3776 センチュリー PNB-10000 #51シャルトルブルーplaratina_mannenhitu (4)

でも、少し可愛いところも。

ペン先に富士山のアイコンと

ハ ー ト マ ー ク (笑)

万年筆線の太さ plaratina_mannenhitu

超極細の線はこんな感じ。

上から
プラチナ万年筆(超極細)
ウォーターマン(M:中)
シェーファーボールペン

圧倒的に超極細が細いデスね。

もちろん書き味は
とってもカリカリなんですが、
ガルーシャテイルの手帳には
一番しっくり合いそうデス。

細かくなんでも書き込めます。

そんなわけで、
プラチナシャルトルブルー君、
これからも末永く宜しくデス。

 

PS.

次はペンケースを探さなきゃ。