100年愛用できる最強のお洒落髭剃りセット。 

トゥルフィット&ヒル 髭剃りセット Truefitt & Hill_Edwardian Fusion Blue Horn Set (1)

欲しくてたまらんちん。


冒頭画像の見るからに
高級そうな髭剃りセットは、

敬愛する島地勝彦氏をはじめ
お洒落番長と認められる
業界著名人やセレブたちが
必ずと言っていいほど使用する
英国のTruefitt & Hill

何しろTruefitt & Hillは
世界最古の理髪店でして、
英国のチャーチル首相などが
この理髪店を利用したことは、
以前コチラでご紹介した通り。

で、そのTruefitt & Hillの
数ある髭剃りツールの中に

ジレットの3枚刃を使用する
冒頭画像のクラシックモデル
ウェリントン レザーと

ジレットの5枚刃を使用する
新型のエドワーディアンの
2つのモデルが存在します。

基本的に3枚刃のほうが
刃の目詰まりが起こりにくく、
長持ちすると言われてますが、

先日もレポートした通り自称
100年メインテナンスを行えば
3枚刃5枚刃どちらのモデルも
替刃の耐久性は同じはずデス。

あとは色とデザイン次第で
選んでみては如何でしょうか?

で、僕が今目を付けてるのが
コチラのエドワーディアン。

トゥルフィット&ヒル 髭剃りセット Truefitt & Hill_Edwardian Fusion Blue Horn Set (2)

Truefitt & Hill
トゥルフィット&ヒル
エドワーディアンセット
カラー:ブルーホーン
モデル番号:TH-EW-ST01
替刃:ジレットフュージョン5枚刃
価格:57,240円

個人的に5枚刃のほうが
肌に合ってるようですし、
このブルーホーンの深海の
ような色味はまた格別デス!

髭剃り本体を
お尻から吊るすのは
少々使い勝手が悪そうですが、
ま、所詮剃り味はジレットの
フュージョンと同じなので
そこは致し方なしか。。。笑

【 Heritager式髭剃りの流儀 】

朝髭を剃る際は、
水を染みこませて
固く絞ったタオルをレンジ用の
ジップロック(大)に入れて
電子レンジで約1分間チンし、

同時にシェービングフォーム、
もしくは泡々なソープを塗って、
チンした熱々の蒸しタオルで
顔全体を包んでしばらく放置。

続いてフォームを拭き取って
今度はシェービングジェルを。

あとは顎部分の髭を剃るだけ。

冬場ならあとはUNO
ヴァセリンを塗って完了デス。

さすれば肌に優しい上に
朝から気分爽快間違いなしデス!

なお、口元の髭剃りだけは
昔、髭を伸ばしていた名残で
AITEのシェーバーを使用してます。

さて、トゥルフィット&ヒルの
髭剃りセットは、来年の宿題、
ってことになりそうデス(汗)