東雲乃風」カテゴリーアーカイブ

良い革靴選びとは?

本当に「良い革靴」とは
1年履いた程度では分からない。
ましてや試着しただけで分かるはずがない。

せめて週に一度
最低3年履き続けなければ
本当の意味での良い革靴かは分からない。

つまり、最初から良い革靴に出会うなど
当たるも八卦当たらぬも八卦の世界なのだ。

我々に出来ることは唯ひとつ。

愛情を込めながら
適度な頻度で靴を履き続け
しっかり磨いてやるしかない。

いつか理想の革靴になることを願って。

東雲乃風

続きを読む


形あるものはいずれ壊れる。

タムロン 望遠レンズ

諸行無常。

形有るものはいずれ壊れる。

これを補うのが
「アフターケア」や
「アフターサービス」だ。

メーカーにとって
顧客と接点がもてる
またとないチャンスと言っていい。

顧客の生の声を聴き
製品の改善や新製品の開発に
活かすことももちろん可能だ。

顧客の期待を
超える対応ができれば
強力な応援団にもなってくれ
ブランド価値向上にも寄与する。

しかし

それを怠れば、裏切れば
いずれ容赦ない罰が待ち受けている。

東雲乃風

続きを読む


ガンメタなPETER WERTHのヒップフラスク。

PETER WERTH(ピーターワース) ヒップフラスク(携帯用水筒)

「ヒップフラスク」と言えば
パンツの後ろポケットに
こっそり忍ばせられるほど小さな形状で
それでいて厚みがあって頑丈なのが良い。

間違ってもお尻の圧力程度で
凹むようなモノであってはならない。

そして、中のウイスキーは
決してストレートで呑んではならない。

東雲乃風

続きを読む


神君 徳川家康公を巡る旅 日光東照宮完結編。

日光東照宮 陽明門

「日光東照宮」と言えば
金箔で彩られた絢爛豪華な社殿と
深山幽谷のような深い森との
コントラストが良い。

さて、徳川家康公は亡くなる前
こんな遺言を遺したそうだ。

遺体は駿河国の久能山に葬り
江戸の増上寺で葬儀を行い
三河国の大樹寺に位牌を納め
一周忌が過ぎて後
下野の日光山に小堂を建てて勧請せよ
関八州の鎮守になろう。

日光山に小堂???

家康を継いだ者たちが
「忖度」しすぎたことは
言うまでもない。

東雲乃風

続きを読む