東京モーターショー2013 第9弾 日産よ、あのインフィニティ・エマージは何処に?

東京モーターショー2013の宴も昨日終了。

また2年待たなければならないことを考えると
ちと心寂しいところではありますが、
残り2回いい余韻が残せるようレポート頑張ります!

ってことで、第9弾は日産ブースからスタート。

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (1)

突然名車GT-Rのステージに現れたダンサー4人。


GT-R NISMOの激しい走りっぷりを表現して
荒々しいダンスを繰り広げたつもりなんでしょうが、
日本人若手ダンサー故にちと軽々しかったか。

やっぱりGT-Rは筋肉隆々のイメージなのです。

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (2)

そして、何処からともなく現れたミス・フェアレディ。

前回2011年の時のプレゼンもそうだったんですが、
コンセプトと乖離した演出が日産は得意のよう(苦笑)

そして、もうひとつ苦言を言わせて頂くと・・・

Emerg-e インフィニティ・エマージ

【 source 】AUTOCAR

なんでインフィニティ・エマージが出品されてないの?

今、一番日産で旬な車ってコレじゃないのかな?

う~ん、納得いきません。

 

因みに2012年のジュネーブモーターショーで
初お披露目された際のインフィニティ・エマージの映像です。

日産が開発したとは思えない流線型ですね。

お値段は1200万円くらいだとか。

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (5)

で、インフィニティ・エマージの代わりに
日産らしからぬコンセプトカーを1台発見。

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (4)

かなり未来チックなんですが、、、

前から見ると・・・

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (6)

細っ!

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (7)

そして、最後に

東京モーターショー2013 日産ブース NISSAN (8)

日産コンパニオン揃い踏み。

ここで悲報が。

GT-Rを所有していたこともあったという
ワイルドスピード主演で人気の高かった
ハリウッド俳優ポール・ウォーカーが
昨日友人の運転するポルシェに同乗中、
交通事故に遭いお亡くなりになりました。
前途有望な俳優だっただけに残念ですね。

合掌

 
続きましてはホンダブースから。

東京モーターショー2013 ホンダブース HONDA (1)

前回の2011年時には最高の評価を下した
ホンダブースのプレゼンテーションですが、
今回はかなり地味な印象に。

MCの美女も高台で遠い存在に(涙)

東京モーターショー2013 ホンダブース HONDA (3)

唯一印象的だったのは「UNI-CUB β」。

東京モーターショー2013 ホンダブース HONDA (2)

実用性はほとんどなさそうですが、
老人向けの新しいスポーツとかに活用できるかも?

さ、次回東京モーターショー2013最終回の予定デス。

東京モーターショー2013 第1弾 最初にご紹介するのはSUZUKIブースから。
東京モーターショー2013 第2弾 三菱自動車のConcept ARは可愛くダンシング♪
東京モーターショー2013 第3弾 三菱で見つけた壇蜜似のコンパニオン。
東京モーターショー2013 第4弾 最強の呼び声高しBMWのコンパニオン軍団。
東京モーターショー2013 第5弾 着せ替え出来る車?ダイハツKOPEN。
東京モーターショー2013 第6弾 車だけじゃ飽きるのでちょっと休憩。
東京モーターショー2013 第7弾 洋風コンパニオン vs 和風コンパニオン対決。
東京モーターショー2013 第8弾 世界一の中小企業スズキブース第2陣。
東京モーターショー2013 第9弾 あのインフィニティ・エマージは何処に?
東京モーターショー2013 第10弾 締めは世界のトヨタで決まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.