伊勢丹メンズ館 x MEN’S Prrecious。

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (8)

ついにあのお方が目の前に!?


2016.04.23(土)、
久しぶりの訪問となる
ファッションの聖地と言えばの

新 宿 伊 勢 丹 。

もはや日本中の景気を、
否、
世界中の景気を独り占めしてる!

と言っても過言ではないほどの
賑わいぶりは今も健在でした。

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (2)

何しろ売上世界一を誇る百貨店、
Perfumeとだってコラボするし、

矢野顕子の歌う
ISETAN-TAN-TAN
フォーチュンクッキーにだって
負けないほどの軽やかなダンスを
披露するほどの団結力アリ。

未だ伊勢丹に死角ナシか。

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (1)

で、そんな無敵艦隊の伊勢丹が
創業130年周年を記念しまして、

新宿伊勢丹メンズ館1階にて
我が愛読誌メンズ・プレシャス
トークショーを開催すると聞いて
飛んでやってきたというわけデス。

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (3)

東京ジェントルマンを探せ!
と題したトークショーは、

右から

MEN’S Precious
編集長 鈴木深氏
× 
MEN’S Precious
ファッションディレクター
山下英介氏

編集長の鈴木深氏は
女性誌Oggiの元編集長でして、
4年前のコチラのイベントでも
登場経験がございますネ。

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (5)

それにしても
山下ディレクターのパンツ、
凄くないですか?

袴かと思いましたよ(笑)

でも、

本人のファッション感覚は
超のつくオタクだけど
本誌でのコーディネイトは
いたって正統派なので、
ご安心下さいませ。と、
やたら鈴木編集長が
強調されておりました(笑)

で、さらに驚いたのが、
真隣りの席に物凄く濃い男性が
着席されてたんですが、

よ~く見ると、今を時めく
ファッションディレクター

干 場 義 雅 氏。

もはや下手な芸能人よりも、
というか、どんな芸能人よりも
圧倒的なオーラ放出デス。

あの玉木宏と並んでも
どっちが芸能人が分からない、
と言わしめた女性たちの声は、
あながち嘘じゃありません。

干場さんのお顔を拝見したのは
これで4度目になりますが、
益々イタリア人に近づいてるかも?

で、さらに度肝を抜かされたのが、
干場さんの隣に着席されていた
スターリングシルバーの髪を
がっちり固めてらっしゃる老紳士。

な、な、なんと!

ボクが尊敬してやまない、
元名物編集長にしてエッセイスト

島 地 勝 彦 先 生 ! ! !

新宿伊勢丹メンズ館8階にあり、
週末だけ自らバーマンとして
シェーカーを振るシガーバー
サロン・ド・シマジ
休憩時間の合間を縫って
きっと抜けてこられたのでしょう。

その御尊顔を間近に拝見して
一瞬にして金縛りにあったことは
言うまでもありません。

講談社の書評サイトでも
既に島地先生著書の書籍は

処女作『甘い生活

えこひいきされる技術

以上、2作品のレビューを
寄稿させてもらってるだけに
そろそろサロン・ド・シマジに
お邪魔、所謂直当たりしに行って、
僕の感想文のご本人による感想を
確認しなければなりません(苦笑)

何しろ島地先生は
書評を書かせたら、
開高健ばりの美しい文章力で
表現されるお方なのです。

コチラに書かれている
ダニエル・ケールマン著
「世界の測量」の書評を
お読み頂ければよく分かるかと。

果たして島地先生は、
ボクの幼稚な感想文を
どう受け止めてくれるだろうか?
笑って許して頂けるであろうか?

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (4)

さて、肝心のトークショーは、
鈴木深編集長がMC役に回り、
山下英介ディレクターが
質問に回答するという流れデス。

最初にマッキントッシュの
元ディレクターDaniel Dunko
(ダニエル・ダンコ)氏が
創業した英国「ハンコック」の
モーターサイクルコートを
強力にプッシュ!

メンズプレシャス2016春号でも
大きく取り扱われてましたが、
オリーブグリーンが良い感じで、
一生モノの予感ぷんぷんデス。

東京ラグジュアリー 伊勢丹メンズ館 メンズ・プレシャス イベント TOKYO Luxury_isetan_mens_x_men's_precious_20160423 (6)

続いて印象に残ったコチラは
BOGLIOLI(ボリオリ)から
スピンオフしたイタリアの
ジャケブランド”THE GIGI”
(ザ・ジジ)のリラックススーツ。

清涼感のあるシアサッカーの
カジュアルな素材感を利用して
敢えて週末に着るスーツを提案。

しかもシングルではなく、
ダブルという斬新さをアピール。

もはや東京ジェントルマンに
緩いファッションで
気を休ませる時間など
どこにも有りはしないのデス。

男はつらいよなあ。

そう、寅さんこそ
真の東京ジェントルマンと呼ぶに
相応しいのかもしれません。