京都の旅 vol.2 方広寺鐘銘事件。

京都の旅 vol.2 方広寺鐘銘事件。豊国神社

2017年11月27日(月)9:00~


しばし京都の旅が続きますが
ちと我慢くださいませ(汗)

さて、京都2日目の
朝一番にお邪魔してきたのが
絢爛豪華な唐門が守衛する
豊臣秀吉公を祀った豊国神社。

大阪の陣による豊臣家滅亡後
徳川家康の強権?により
豊国大明神の神号は剥奪され
長く廃絶されてましたが

江戸幕府が終焉するや
明治天皇が豊国神社の再興を
布告するお沙汰が下され
旧福岡藩主の黒田長成侯爵を
中心に境内の整備を行い
現在の姿に蘇ったようデス。

京都の旅 vol.2 方広寺鐘銘事件。方広寺 鐘楼

そして、その豊国神社と敷地を
ともにしているのが方広寺。

もともと秀吉が造立した
大仏殿のあった寺院として
つとに知られた存在でしたが

今の時代にあっては
豊臣家を滅亡に追いやった
大阪の陣の切欠となった
方広寺鐘銘事件のほうが有名デス。

その事件現場がコチラの鐘楼。

京都の旅 vol.2 方広寺鐘銘事件。方広寺 鐘楼

重さ82.7トンの巨大釣鐘には
何やら文字が書かれています。

京都の旅 vol.2 方広寺鐘銘事件。方広寺 鐘楼

「国家安康」「君臣豊楽」

事件から400年経った今も
徳川家康公が豊臣家に対し
難癖をつけたとされる鐘銘が
しっかり残されているんですネ。

お近くにお越しの際は
ぜひご覧になっては如何でしょ。

 

 

 

 

 

□□□ 東雲乃呟 □□□□□□□□

本能寺跡地

2017年11月27日(月)8:00~

本能寺跡なうデス。

京都市中京区蛸薬師通油小路東入元本能寺南町346

本能寺跡地

現在は本能特別養護老人ホームと京都市立堀川高校本能学舎が建っています。

合掌

京都の旅 vol.1 紅葉の東福寺
京都の旅 vol.2 方広寺鐘銘事件